No.1夫婦がドロ沼離婚とW不倫!? DV騒ぎに潜む愛?

No.1夫婦がドロ沼離婚とW不倫!? DV騒ぎに潜む愛?

2月7日(木)放送


■『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第5話あらすじ完全版





鈴木法律事務所、危機管理部の氷見江(竹内結子)たちを訪ねてきたのは経済評論家で、鬼嫁コメンテーターとして活躍している木村よう子(遠野なぎこ)。依頼内容は、離婚をしたいのだが、拒否をしている夫に応じさせて欲しいというものだった。よう子の夫は、以前は司会としてTVで引っ張りだこだったが、今はめっきり仕事がない落ち目のタレント・中山昌平(デビット伊東)だ。オシドリ夫婦ともっぱら評判の2人であるため、意外に思う氷見や与田知恵(水川あさみ)は離婚専門の弁護士に回そうとするが、よう子は体のアザを見せ、夫からDVを受けていると告白。そこに副所長の鈴木太郎(バカリズム)が来て、危機管理部で扱うと引き受けてしまった。





早速、氷見たちは週刊文新の記者・東堂裕子(泉里香)に接触し、中山のDV疑惑をリークする。氷見たちの狙い通り、文新の記事により世間から大バッシングを受ける中山。すぐに離婚に応じるだろうとタカをくくっていると、中山が生配信で釈明を行う。中山はそこで、DVが事実無根であること、また自分は妻を愛しており離婚をする気は微塵もないと表明。逆に大慌てになる氷見たちは、すぐによう子に会い、中山の言っていることは本当なのか嘘なのか問いただす。だが、よう子はとにかく「離婚したい」の一点張り。よう子が何かを隠していると感じた氷見たちは裏を探ることにする。





真野聖子(斉藤由貴)はボディーガードとしてよう子の身辺警護につく。そして、よう子のスマホからアザの付け方を探った痕跡を発見。氷見と与田、藤枝修二(中川大志)は中山の身辺を探っているところで、中山は借金取りに囲まれた。中山を助けた氷見たちは、よう子との離婚に応じない理由を尋ねる。すると、中山は愛していると答えた。だが、中山はよう子以外の女性へのプレゼントを買っている。借金までして貢ぎたい不倫相手がいるのだろうか? 中山はその疑問には答えなかった。藤枝が中山のマンションを監視していると女性が入って来た。藤枝は中山が女性にプレゼントを渡している様子を写真に収める。





氷見たちは、よう子に写真を見せ、離婚したい原因は中山の不倫かと聞く。認めるよう子だが、鬼嫁キャラとして不倫を断罪しているよう子は世間にバレたら惨めだと言う。しかし、その矢先、今度はよう子の不倫が週刊誌にすっぱ抜かれてしまった。氷見たちに促されて、よう子は記者会見を開いて謝罪。世論は一気によう子バッシングへと傾く。



このことで、中山とよう子の離婚は成立する。だが、数日後、金融商品取引法違反で自称、スピリチュアルカウンセラーの神田貴理子(冨樫真)が逮捕された。貴理子は中山のマンションに来ていた女だ。氷見と与田は、よう子を伴って中山を訪ねる。貴理子に貢いでいた中山は自暴自棄になっていた。その中山に氷見は自分たちが実行した計画を話す。





その計画とは…。氷見は藤枝の写真から、貴理子が中山の不倫相手ではなく拝み屋だと気がついた。貴理子は金持ちや有名人を洗脳して金や高級ジュエリーを貢がせている。よう子もそれを知っていた。だが、自分や中山の世間からのイメージを壊したくないため暴くことが出来ずにいたのだ。そんなよう子に、氷見は計画を勧める。それが、よう子の不倫疑惑だ。貴理子は中山によう子と離婚して慰謝料を手に入れるよう指示。そんな貴理子に真野は仕手戦に誘うメールを送る。罠にかかった貴理子を真野が未公開株の違法取引があると警察に報告し、逮捕させたのだ。



全てを聞いた中山は、自身の愚かさに笑い出してしまう。全てを失ったと嘆く中山に、よう子がもう一度やり直さないかと離婚届を出した。まだ、役所には提出していなかったのだ。



その後、中山は徐々に仕事が増えて行く。よう子にも仕事が…。一方、氷見は東堂から茂呂裕也(佐野岳)が音信不通になったと知らされる。


見逃し配信はコチラから


■番組情報


『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』


<放送日時>



毎週木曜22時~22時54分


<出演者>



竹内結子 水川あさみ、中川大志 泉里香 バカリズム 斉藤由貴 他




カテゴリ