TVアニメ『 約束のネバーランド 』第4話 「291045」【感想コラム】

TVアニメ『 約束のネバーランド 』第4話 「291045」【感想コラム】

今回の『 約束のネバーランド 』は、内通者を探しつつも、新たな仲間を引き入れようとするお話です。


ママたちの動向も気になりますが、脱獄の計画を進めていくエマたち。


そこでノーマンが口にする脱獄決行日。それは、誰もが予想だにしていない決行日だった――。


このページの目次

1 TVアニメ『 約束のネバーランド 』第4話 「291045」あらすじ2 疑わなければ死に直結する3 脱獄決行は…10日後!?4 内通者は――5 TVアニメ『 約束のネバーランド 』第4話 「291045」感想
■TVアニメ『 約束のネバーランド 』第4話 「291045」あらすじ

子供たちの中に「内通者」がいる。それは誰なのか、家族の動向を気にするエマたち。


内通者を特定するため、ノーマンはある罠を仕掛ける。


一方で、外に抜け出した時の事を考え、ドンとギルダには事情を話す事を決意する。


残酷すぎる真実。ありのまま話す事は出来なかったものの、新たに2人の協力者を引き入れる事に成功し、脱獄計画は進んだと思われたはずだったが…。


■疑わなければ死に直結する

脱獄に向けてチームで鬼ごっこを遊び始めるエマたち。


その中で「フィル」の能力の高さに気付いたレイは、フィルのスコアをノーマンとエマに尋ねる。


エマは、大好きな子供たちの事を疑いたくない為、頭を抱えるが、「内通者」を疑わなければ死に直結してしまう。


エマは、意を決して子供たちの事を真剣な眼差しで見つめるのであった…。


■脱獄決行は…10日後!?

画像引用元:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会


次の出荷までは「一ヶ月半」の猶予があるのにも関わらず、発信器を破壊出来る手筈が整う10日後に脱獄を決行しようとノーマンは言います。


ノーマンの言葉にレイは「よかねぇよ!」と不満を漏らしますが、ノーマンはママの考えの裏をかく作戦を提案したのでした。


レイは「チッ」と舌打ちしつつも、ノーマンの言葉通り、脱獄は「10日後」と考え、脱獄計画は進んでいくのでした…。


■内通者は――

ギルダが内通者だと疑っていたエマたちでしたが、「ギルダ」は内通者ではありませんでした。


残る疑わしい人物は「ドン」。


ノーマンが用意したロープが消えていて、レイは「ドンで決まりだな」と口にしますが、ノーマンが口にした言葉は…。


「内通者は君だったんだね――レイ」


■TVアニメ『 約束のネバーランド 』第4話 「291045」感想

TVアニメ『 約束のネバーランド 』第4話 「291045」【感想コラム】画像引用元:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会


今回は、階段のシーンなどの描写が凄くホラーゲームに感じて怖かったです。


あの映し方は、恐怖心を煽られてドキドキしてしまいますね。


内通者を探さないといけない状況ですが、エマは家族が大好きな為…物凄くつらかったと思います。


それでも、皆で生きて脱獄する為に、真剣な眼差しで大好きな人達を疑うエマはかっこよかったです!


今回、新たに仲間に加わる事になったドンとギルダ。


ドンはちょっとアホっぽい見た目と話し方ですが、力がありそうに思えるので頼りになりそうですね。ただ、出荷の真実を告げられなかったため、そのうちノーマンと喧嘩になる可能性があるように思えます。


一方、ギルダは本当に可愛いと思いました。常にエマの事を心配している優しい女の子。ギルダもシスター・クローネから「ある事」を言われていたので、ドンと同じくエマたちと仲違いしてしまう可能性があって不安です…。


今回の『約束のネバーランド』は、特にノーマンとレイのやり取りが良かったです!


ノーマンが最後にレイに発した言葉と表情が最高でした!


次回、レイはどうなってしまうのでしょうか…?レイは本当に敵側なのか、それとも「スパイ」の「スパイ」なのか…!


次回の『約束のネバーランド』も見逃せませんよ。 楽しみにしています!


文章:Kyouei-サイコ高橋


約束のネバーランドの続きを見逃さないで!



TVアニメ『約束のネバーランド』第1話 「121045」
TVアニメ『約束のネバーランド』第2話 「131045」
TVアニメ『約束のネバーランド』第3話 「181045」
TVアニメ『約束のネバーランド』第4話 「291045」

冬も豊作!? 2019年冬アニメ注目度ランキング





2019年 冬アニメ。オススメ作品を5つ選んでみたよ!






(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ