『カメ止め』監督役・濱津隆之「バイト辞めた」 特需にホクホク顔

『カメ止め』監督役・濱津隆之「バイト辞めた」 特需にホクホク顔

 キネマ旬報社による『2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン』の表彰式が10日、都内で行われ、製作費300万円と超低予算のインディーズ映画ながら興行収入30億円を突破、累計250館以上と異例の大ヒットを記録した『カメラを止めるな!』が「ビデオ屋さん大賞 2018」の第1位に輝いた。



【写真】安藤サクラは涙…見守る夫の柄本佑



 表彰式には、キャスト・スタッフを代表して監督役を務めた俳優・濱津隆之(37)が登壇。全国のレンタル・セル店で働く“ビデオ屋さん”の投票で選出されたとあって「盛り上げていただいて、本当にうれしい。ありがとうございます」と感慨深げに記念品を受け取った。



 また、今作のブレークを機に「ラブホテルのバイトを辞めた」とうれしい報告も。周囲の反応を問われ「お客さんとは会っちゃいけないので…」とジョークを交えつつ「ちょくちょくとお仕事を頂けるようになりました」とホクホク顔で特需を喜んでいた。



『2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン』受賞一覧

■日本映画ベスト・テン第1位:『万引き家族』(是枝裕和監督)

■外国映画ベスト・テン第1位:『スリー・ビルボード』(マーティン・マクドナー監督)

■文化映画ベスト・テン第1位:『沖縄スパイ戦史』(三上智恵監督、大矢英代監督)

■日本映画監督賞:瀬々敬久監督(『菊とギロチン』『友罪』により)

■主演女優賞:安藤サクラ(『万引き家族』により)

■主演男優賞:柄本佑(『きみの鳥はうたえる』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『ポルトの恋人たち 時の記憶』により)

■助演女優賞:木野花(『愛しのアイリーン』により)

■助演男優賞:松坂桃李(『孤狼の血』により)

■新人女優賞:木竜麻生(『菊とギロチン』『鈴木家の嘘』により)

■新人男優賞:寛一郎(『菊とギロチン』により)

■キネマ旬報読者賞:立川志らく(連載『立川志らくのシネマ徒然草』により)

■特別賞:樹木希林
カテゴリ