M!LK、新アルバムイベントに2000人 バレンタインの思い出トークも

M!LK、新アルバムイベントに2000人 バレンタインの思い出トークも

 男性7人組ボーカルダンスユニット・M!LKが10日、東京ドームシティ ラクーアガーデンステージで2ndアルバム『Time Capsule』の発売記念イベントを開催。集まったファン、通行人ら約2000人を前にアルバムのリード曲「My Treasure」「Brave Saga」など全4曲を熱唱した。



【ライブ写真】M!LK、メンバー個別ショット



 俳優/モデルとしても活動の場を広げるM!LKは、板垣瑞生、佐野勇斗、塩崎太智、吉田仁人、昨年8月に加入した曽野舜太、山中柔太朗、琉弥からなる7人組。新体制初となるアルバムは全14曲入りで、「時代は移ろい、変わるものもある、そして変わらないものもある。それは、『共に時間(とき)を過ごす仲間こそが人生の宝物』」とのメッセージが込められている。



 MCでは、近づくバレンタインデーの話題に。山中は「小学生の時に多少、モテてたんですよ」と切り出すと「結構(チョコを)頂いて、当時好きだった人にも貰えた」とニンマリ。しかし「『勝った!』と喜んで楽しみに取っておいたけど、最後に開けたからチョコが崩れちゃってました」とオチを付けて、甘酸っぱいエピソードを披露。



 リーダーの吉田は「鹿児島だとチョコじゃなく、天然のサバなんです」とジョークを交えながら「ダンスのチームを組んでたりしてたので、友チョコがすごく多かったかな」と笑顔で思い出話に花を咲かせる。



 「僕だって(バレンタインデーの思い出の)一つや二つくらいありますよ」と負けじと前に出た佐野は「小学1年生の頃に初恋の子がいて、一大イベントだったから、めっちゃ期待していた。(当日は)ロッカーや机を見たけど、どこにもなくて…。でも帰り際にカバンの中を見たら入ってたんですよ!」と回顧。メンバーたちの貴重な青春トークにファンも興味津々の様子で聞き入っていた。
カテゴリ