ハーフモデル・アンジェラ芽衣、“10頭身”最強ボディで仕掛ける“恋の罠”

ハーフモデル・アンジェラ芽衣、“10頭身”最強ボディで仕掛ける“恋の罠”

 モデルでグラビアアイドルのアンジェラ芽衣(21)が、18日発売の『週刊プレイボーイ』9号(集英社)に登場。グラビア界を席巻する“10頭身”の最強パーフェクトボディを大ボリュームで見せつけた。



【写真】グラビアでコラボした桃月なしこ



 アンジェラは2014年の「関東一可愛い女子高生ミスコンGP」でグランプリを獲得。身長172・バスト92・ウエスト62・ヒップ90センチというスーパーダイナマイトボディを武器にグラビアに進出すると、あっという間にブレイク。女優の広瀬すずが美しさを絶賛したことで、知名度は一気に普及した。



 今回は、自身が所属する「ゼロイチファミリア」のタレントが総出演する記念すべき号で、アンジェラはセンターグラビアに登場。現役ナースでコスプレイヤーの桃月なしこ(23)とともに、16ページにわたって美しくてセクシーな“恋の罠”を仕掛けている。



 同号の特別付録のDVDには、メイキングシーンも収録。そのほか、青山ひかる、十味、黒木ひかり、林ゆめ、御寺ゆきなどが登場し、表紙は川崎あやが飾っている。
カテゴリ