極悪政治家の裏の顔!肩のアザが示す真実

極悪政治家の裏の顔!肩のアザが示す真実

2月18日(月)放送


■『トレース~科捜研の男~』第7話あらすじ完全版





真野(錦戸亮)は、25年前に殺害された当時高校生の姉・仁美(夏子)が妊娠していたことを知る。真野は、兄の義一(倉悠貴)も通っていた高校の教師・早川(萩原聖人)に会い、姉に関する情報を求めた。



ノンナ(新木優子)は、英里(岡崎紗絵)と科捜研物理科の坂上亜希(木原実優)に誘われ、合コンに参加する。その帰り道、ノンナたちは、公園で若い女性・小貫貴子(中村静香)が男たちに絡まれているのを目撃し、助けに行く。その際、ノンナたちのカバンから荷物が散乱した。男たちは、IDカードからノンナが科捜研の研究員だと知ると逃げ去ったが、そのときにはすでに女性の姿はなかった。それぞれに散らばってしまった荷物を拾い集めるノンナたち。





虎丸(船越英一郎)は、捜査一課長の江波(篠井英介)から、都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられる。事故は、真夜中に徘徊していた認知症の高齢男性が、伊集院の秘書・住井葉子(河井青葉)が運転する車にはねられて死亡したというもので、車には伊集院も同乗していた。事故を報じるニュースを見たノンナと英里は、事故現場が合コンをしていた店のすぐ近くだと気づく。



所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)とともに捜査を始めた虎丸は、真野たちに事故車の調査を依頼する。虎丸は、運転をしていたのは葉子ではなく、飲酒していた伊集院ではないかと疑っていた。実は、事故発生から通報までに約1時間のタイムラグがあったが、その間、伊集院と葉子は事故の衝撃で意識を失っていたというのだ。





真野は、虎丸たちの立ち合いのもと、事故車を調べる。車内には、事故の衝撃で溢れたと思われる芳香剤の匂いが充満していた。真野は、運転席の下にあったシミの成分や、エアバッグを採取した。エアバッグに顔がぶつかる際、唾液が付着する可能性があるからだった。しかし、検査の結果、ふたりがマスクをしていたことを示す繊維片が見つかっただけで、どちらが運転していたか特定はできなかった。



そんな折、ノンナと一緒に合コンをした亜希が階段から突き落とされ、バッグを奪われるという事件が起きる。さらにそのすぐ後、今度は英里がひったくりに襲われてしまう。英里は、公園での出来事が原因かもしれない、といって、気を付けるようノンナに助言した。



真野は、防犯カメラの映像や事故車の変形状況などをもとに、事故現場の状況を3Dでシミュレートする。そこで、運転していた人間はシートベルトが食い込んで右の方から胸にかけてアザができているはずだという真野。虎丸と柏原は、さっそく伊集院を訪ねて協力を求めた。すると、伊集院は、右ではなく左肩にアザができていた。しかし、事故を起こしたという葉子には何故かアザがなかった。



その夜、入浴を終えたノンナは、室内に侵入し、部屋を物色していた男と出くわしてしまい、襲われる。騒ぎに気づいてカンナ(山谷花純)が起きてきたために男は逃げ、大事には至らなかったが、ショックを受けるノンナ。通報を受け、鑑識課の沖田(加藤虎ノ介)や刑事たちがノンナの部屋にやってくる。ほどなく、英里から連絡を受けた真野も現れた。ノンナは、捜査員たちに公園での出来事を話した。犯人は、金目のものに手を付けていないことから、何かを探していた可能性が高かった。真野は、犯人の腕をひっかいたというノンナの爪から、微物を採取する。



あくる日、真野は、運転席下のシミが芳香剤ではなく、ローズ系の香水だったことを虎丸に報告する。

一方、ノンナは、赤いパスケースに入れたICカードで自動販売機のお茶を買おうとする。だが、チャージ切れで買うことができなかった。そこでノンナは、持っていたのが自分のものではないことに気づく。ノンナは、公園でのトラブルの際に、同じパスケースを持っていた被害者女性のものを拾ってしまったのではないか、と考えたが……。




 


翌朝、真野のもとに虎丸から連絡が入る。伊集院がよく使う香水ブランドをリストアップして、そこで売られているローズ系の香水を集めたのだと言う。伊集院は、愛人ができると香水をプレゼントするのが常とう手段らしい。実は事件当日、伊集院の妻は女性問題で彼ともめて、子どもを連れて実家に帰っていたこともわかっていた。



真野は、虎丸から送られてきた香水の成分分析を始めた。するとノンナは、その中のひとつを嗅いだことがあると言い出す。それは、公園で助けた女性がつけていたものだった。



ノンナからICカードの件を聞いた真野は、その持ち主が絡まれていたのが事故現場近くの公園で、時刻も事件発生直後、しかも香水まで一致するのは単なる偶然ではないと考えた。虎丸と柏原は、さっそくICカードの履歴を照合し、持ち主が使用した駅やドラッグストアをチェックした。成り行きを見つめていた真野は、その中のひとつに目を止め、とっさにカードを掴むと飛び出していく。



真野たちは、女性が絡まれていた公園へと向かった。被害者の女性は、このICカードを使って近くにあったコインロッカーをロックしていたのだ。そのロッカーの中にあったのは……。





虎丸と柏原は、真野とノンナを連れて伊集院に会いに行く。そこで虎丸は、公園で絡まれていた女性・貴子のことを切り出す。貴子は、大学時代に伊集院事務所でウグイス嬢のアルバイトをしており、伊集院の愛人でもあった。取り調べを受けた貴子は、すべてを告白していた。あの夜、車を運転していたのは貴子だった。だが、運転中に伊集院と口論になり、その最中、ふいに車の前に現れた老人をはねてしまったのだ。伊集院は、貴子の携帯電話で葉子に電話していた。しかし伊集院はそれを真っ向から否定した。葉子は、事故を起こしたのは貴子だと認めたが、伊集院は気を失っており、電話をくれたのは貴子だと主張した。現場にかけつけた葉子は、伊集院を守るために、自分が運転していたことにしてほしい、と自ら頼み込んだというのだ。







 


話を聞いていて我慢できなくなったノンナは、ICカードのことを切り出した。そこで、虎丸は、コインロッカーに入っていたもの――大量の違法薬物を伊集院に突きつけた。事故の後、伊集院は違法薬物を貴子に渡し、どこかに隠せと命じたのだ。駅に向かった貴子は、途中で警察官の姿を見かけ、公園に逃げ込んだ。そこでコインロッカーに薬物を隠したものの、男たちに絡まれてしまったのだ。



ICカードの入れ違いに気づいた伊集院は、貴子にノンナたちの写真を撮ってくるように命じていた。ICカードを取り戻すためにノンナたちを襲ったのも伊集院自身だった。真野は、言いがかりだ、とノンナに掴みかかった伊集院の腕をひねり上げた。シャツの袖をめくると、そこには小さなひっかき傷があった。真野は、ノンナの爪から採取した皮膚片のDNA型と照合すればおのずと答えは出る、と伊集院に告げ……。



事件が明るみになり、連行される伊集院のもとへ大勢のマスコミが集まった。伊集院は、身代わりに応じなければこれまでのヤミ献金の責任を背負わせる、と葉子も脅していた。強い信念を持って政治家を目指していた葉子は、伊集院からの仕打ちに耐え続け、その結果身を滅ぼすことになった、と憐れむ虎丸。すると真野は、葉子は伊集院と共に失脚したが、彼女に理想を取り戻すチャンスを与えたのは虎丸だ、と返し……。



別の日、真野は、とある喫茶店を訪れる。そこで待っていたのは、早川だった。





見逃し配信はコチラから


■番組情報


<タイトル>



『トレース~科捜研の男~』


<放送日時>



毎週月曜21時~21時54分


<出演者>



錦戸亮 新木優子 山崎樹範 岡崎紗絵 矢本悠馬 加藤虎ノ介 山谷花純 ・ 

小雪 ・ 遠山俊也 篠井英介 千原ジュニア ・ 船越英一郎





カテゴリ