少しでも目を大きく見せたい…【縦横別】印象的な目元に仕上げるメイクHow To♡


最近はリップやチークもメイクの主役級パーツとして注目されつつありますが、やっぱり人に印象を与える上で、目元メイクは外せないですよね。



それぞれ個性があって楽しいのが人の顔ですが、目元に視線を集めたい時に、少し大きめに見せたいという方も多いのではないでしょうか。



今回はそんな印象的な目元にするためのちょっとしたテクニックをご紹介します♡





今回はベースとなる顔から縦横別の印象的な目元を作り出すメイクをしていきます。それぞれのメイクで出せる効果の違いを楽しんでくださいね♩



目の横幅を広げたい場合



横に広い目元は、少し大人っぽい印象にしてくれます。学生生活を終えて、この春社会人デビューのタイミングで少し大人っぽいメイクに変えたいという方にもおすすめです♩



目の横幅を広げるのに重要なのはアイラインです。アイラインで「私の目の横幅はココからココまでです」と描いてしまうわけです。




illustration by machi



ポイントはこの3つ。




\ メイクポイント /



①目頭切開アイライン …自然に見せるためにブラウンがおすすめ

②睫毛の間を埋める …極細ラインにするのもOK

③目尻は跳ね上げない …横にすっと抜けさせる




アイラインの効果を邪魔しないために、アイシャドウは瞳の色より暗い色は避け、睫毛をしっかり上げてマスカラで丁寧に仕上げることで横幅だけでなく、自然に縦にも大きな目の印象になりますよ♩



縦に大きい目にしたい場合



かわいい系の印象に見せたい場合は縦に大きな目元に。合コンやデートなどのいつもよりちょっとかわいく仕上げたい時なんかにもおすすめのメイク方法です♡



目を縦に大きく見せるためのポイントは、実は下まぶたと下まつ毛です。




illustration by machi



ポイントはこの3つ。




\ メイクポイント /



①下まぶたのインサイドアイラインにホワイトを入れ、白目を綺麗にみせる

②下まつ毛にしっかりマスカラを塗る(下まつ毛専用の付けまつげを使っても◎)

③涙袋を強調する(涙袋がない場合はクマを生かしてホワイトをいれる)




錯覚効果で上まつげの頂点と下まつ毛の一番下までが「目」になるよう、上まつ毛だけでなく、下まつ毛をしっかり丁寧に仕上げてくださいね!



涙袋がある方はホワイトやハイライトで強調し、涙袋がない方は無理に作ることまではせず、クマを利用して、下まつ毛が自然に映えるようなメイクにします。



おしゃれで抜け感ある目元メイクを目指そう♡




illustration by machi



縦も横もとにかく大きく! も良いですが、ただの「目の化粧が濃い子」になってしまわないために、まずはどちらかに絞って魅力的な目元を作るのがおすすめです。



目の周りを濃い色で囲まなくても大丈夫。おしゃれな抜け感のあるデカ目効果で、あなたの魅力を最大限に引き出してください♡



▽この記事の関連タグはこちら





カテゴリ