電子マネー詐欺行為&マタハラ!? 女性社員の名誉を守れ

電子マネー詐欺行為&マタハラ!? 女性社員の名誉を守れ

2月21日(木)放送


■『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第7話あらすじ完全版





氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)、鈴木太郎(バカリズム)たちは事務所でワイドショーを見ている。話題に上がっているのは、スマートフォン決済サービス「ペイグッド」のクレジットカード不正利用に関して。顧客のカードが第三者に使用されていたのだ。その報道を聞き呆然とする藤枝修二(中川大志)。どうやら藤枝も被害に遭った様子。ネットを見ていた真野聖子(斉藤由貴)は「ペイグッド」のシステムエンジニア、芦原江梨子(西山繭子)のセキュリティー対策が甘かったと特定されていると教える。江梨子は与田の大学時代の先輩だった。



与田から連絡を受けた江梨子が事務所に来た。江梨子は「ペイグッド」のシステム開発チームの責任者で、今回のトラブルに関して責任があることは認める。だが、同社のサービスが始まったのは江梨子が育休に入ってからだった。責任は認めつつ、休んでいる間に問題が発生したのにも関わらず、自分がやり玉に挙げられ、名前や顔までもネットに晒されていることに江梨子は悩んでいた。


「ペイグッド」社の社長、工藤海斗(柳下大)の記者会見に、氷見と与田が潜入。工藤は動揺を隠せない様子だが、氷見たちは謝罪用の芝居と見抜く。工藤ら経営陣は江梨子だけに責任を押し付けようとしているらしい。事務所では真野が不正利用の流れを追い、原因は江梨子個人にではなく、会社側の管理上の不備にあったことを突き止める。江梨子が不在でも守られなくてはいけない基本的なセキュリティー対策だ。



氷見たちは真野が見抜いた「ペイグッド」のシステム欠陥を記事にしてもらおうと東堂裕子(泉里香)に頼む。すると東堂はおまけのネタが欲しいと言う。それは、吾妻亮介議員(山本耕史)に関するものだ。その時、与田の携帯電話に江梨子から連絡が入る。江梨子が自分のことを記事にしてくれないで欲しいというもの。氷見たちは東堂への依頼をひとまず引き下げた。





氷見と与田は江梨子に事情を聞きに行く。江梨子は工藤の秘書が記事を出したら家族を晒すと脅しに来たと話す。江梨子の氷見たちへの依頼を気づかれたらしい。夫がリストラに遭ったばかりのことも会社側に知られていて、子育てにも手がかかる江梨子の不安は大きかった。とりあえず記事にはしないことを約束する氷見たち。



しかし、与田は今回の件はマタニティハラスメントの可能性も視野に入れていると告げる。江梨子自身も子育てを視野に入れて元の職場でのシステムエンジニア復職を望んでいた。子育てと仕事を両方頑張りたいと願う江梨子に、与田は諦めなくて良いと告げる。与田は自分が弁護士になったのは、誰かのために行動することを江梨子に教わったと続け、もう少しだけ戦わせて欲しいと頼んだ。





与田は氷見に江梨子との出来事を打ち明ける。与田は学生の時にゼミの担当教授からセクハラを受けたが、証拠がないため泣き寝入りするしかなかった。ゼミも辞めようとした与田を救ったのが江梨子。江梨子が別件で教授を追い詰めて大学を辞めさせたことで、与田は救われた。だから今度は自分が江梨子を助けたいと話す与田に、氷見はうなずく。



与田は「ペイグッド」のシステムエンジニアの女性たちに会って話を聞く。そもそも、スケジュールありきのサービス開始に現場は逼迫していた。そのための人員補給も無い。だが、江梨子を問題視する声も…。彼女たちは忙しい時期に江梨子が育休を取ったことに不満を抱いていた。それでも悪いのは社員たちではない。そんな環境を作り出した会社側だ。与田は江梨子に社内の不正な勤務データを掴んで欲しいと頼む。与田自身は他の社員たちからの聞き込みを続けた。





「ペイグッド」のブラックな体制への批判記事が「週刊文新」誌面に踊ると、工藤が鈴木法律事務所に乗り込んで来る。記事は氷見たちのリークだろうと抗議し、江梨子がどうなっても良いのかと脅す工藤。すると与田が、工藤こそどうなるかわからないと話しだす。まず、サービス開始のキャンペーンに200億円分のポイント還元を謳っていたが、「ペイグッド」の財務状況は当時、そんなことが出来る状況では無かった。さらに、工藤はキャンペーン途中にすでに社員からセキュリティの不備の報告を受けていたにも関わらず隠蔽していた。江梨子に責任を押し付ければ「ペイグッド」の傷は浅いと考えていたからだ。それらを裏付ける内部資料を突き付ける与田に、工藤は言葉を失う。与田は資料をもとに工藤を訴えることも可能だが社長職を辞すなら、そこまではしないと突きつける。「ペイグッド」の信用がこれ以上落ちて、会社が潰れたら江梨子だけでなく社員たちが困るからだ。工藤は陥落したかに見えたが…。





「ペイグッド」がレジャー大手の「マネークアミューズメント」に買収された。このニュースに与田は唖然としてしまう。工藤は辞任前に「ペイグッド」を売り、「マネークアミューズメント」子会社の株式を受け取ったのだ。事務所に来た江梨子に謝る与田。すると江梨子は工藤が大損したと言いだす。受け取った株が暴落したのだ。江梨子は「マネークアミューズメント」傘下に入った「ペイグッド」の職場環境も改善され、元の職場にも戻れたと与田に礼を言う。



その夜、帰ろうとした氷見を与田が引き止める。が、氷見は約束があると帰ってしまった。様子を見ていた真野が尋ねると、与田は吾妻と「マネークアミューズメント」の村西信太郎(飯田基祐)が知り合いだったと話だす。村西は吾妻に多額の政治献金をしている。つまり、与田は「ペイグッド」の買収を仕掛けたのは氷見ではないかと疑っていた。氷見と吾妻の関係は今も切れてはいないのでは?と訝しむ与田に、真野はそれでも江梨子が救われたから良かっただろうと話した。



その頃、事務所を出た氷見は待っていた車に乗り込む。車で待っていたのは村西だった。


見逃し配信はコチラから


■番組情報


『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』


<放送日時>



毎週木曜22時~22時54分


<出演者>



竹内結子 水川あさみ、中川大志 泉里香 バカリズム 斉藤由貴 他




カテゴリ