恋愛にコンプレックスをもつ男に出会ってしまったら

恋愛にコンプレックスをもつ男に出会ってしまったら

恋愛に対してコンプレックスを抱えているのは女性だけじゃなく、男性にも意外といます。


もし、そんな恋愛にコンプレックスをもった男に出会ってしまって、気になり始めたらどうしますか?


そのときは、そのコンプレックスを持ってしまった理由を知ったうえで、彼とどうするかを考えることです。


今回は、よくある男の恋愛コンプレックスの背景を紹介します。



1、自分からアプローチできない男


二人で何回もご飯に行ってる関係。話も気も合う良い雰囲気。でも、彼から「つき合おう」という決め手の言葉がなかなか出てこない。


こんな誰に話しても、それ絶対イケるでしょ?と言われる関係性なのに、なかなか自分からアプローチができない男に遭遇したことありませんか?


女性としても暗に「私もあなたことが好きよ。」とわかりやすい態度で示せたとしても、最終的には男からアプローチはして欲しいですよね。いやそうあるべきだと僕は思います。


こんな自分からアプローチできない恋愛コンプレックスを抱えた男のバックボーンにはどんな事情があるのか?


考えられるのは、過去に告白してふられた経験がある。あなたに出会うまでに恋愛経験がほぼない。周囲の男が自分より上だとネガティブに思ってる。


このいずれかに該当すると思います。やっぱり、人生において成功体験をしていないのは厳しいですね。


なので何回も二人で会っているのに告白をしてこない男には、本望じゃないけど、「私たち今後どうする?」「そろそろ告白して欲しいな」と優しく可愛く誘導するしかないですね。


2、相手を信用できない男


「かっこいいよね。」「モテるでしょ?」と言うと、「それ誰にでも言ってるんでしょ。」と話の腰を折る男がいます。


これが俗にいう「相手を信用できない疑い深い男」。


こんな男は、幼少期に褒められた経験が少ないなど、とにかく自己評価が低い男です。


もしあなたがこういう男に興味があったとしても、それ以上、深みに入らないほうが良いと思います。


この自信のなさや自己評価の低さは、簡単に治るものじゃないです。


もし、こんな男とつきあってしまったらずっとグチグチと鼻につくことを言われるハメに。すぱっと切りましょう。


3、自分を出せない男


恋愛において、外面だけを取りつくろっていて、なかなか素の自分を出せない男もいます。


そのバックボーンには身体的、内面的にも「素を見せたら嫌われる」と思っていることが多いです。


過去には好かれようと思って張り切り過ぎて、空回りした経験があるのでしょう。


とにかく、こういう男に興味をもったら、「私、素を出してくれる人が好き」「もっと、自然なあなたを見たいな」と、意図的に口に出してあげてください。


どんな自分を見せたとしても、受け入れることができる、懐の深い女だということをアピールしていきましょう。


4、恋愛に本気になれない男


いつも恋愛に本気なれない男がいます。


この男のバックボーンには、本気でつき合うことより、適当に遊ぶ方が楽だと思っていて、何人がキープしないと不安にかられてしまうずるいタイプ。


こういうタイプには、一見、社交的でモテる男に多いです。


恋愛に本気なれない男も、治らない病気なので、つきあえば一生苦労します。


カラダの関係があっても、「つきあおう」の言葉がないのも特徴。早く、あなたからバイバイするべきですね。


おわりに


恋愛コンプレックスをもってる男は、総じて自分に自信の無い男。


自信をつけさせることまで、私がやらなきゃいけないの?と思う人もいるかもしれませんが、成功体験をすれば人は変われます。


本気で好きになった男が恋愛コンプレックスをもってたら、時間はかかると思いますが、出来る範囲で、あなたが成功体験をさせてあげてくださいね。


(TETUYA/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ