星野真里、『はじこい』で中村倫也の元妻役「参加できることがとてもうれしい」

星野真里、『はじこい』で中村倫也の元妻役「参加できることがとてもうれしい」

 女優の星野真里が、26日放送のTBS系連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(毎週火曜 後10:00)第7話より新キャストとして出演することがわかった。主人公・春見順子(深田恭子)にアプローチする高校教師・山下一真(中村倫也)の元妻・優華として物語後半のキーパーソンを担う。星野は「『はじこい』の世界に優華として参加できることがとてもうれしいです!」とコメントを寄せている。



【場面カット】横浜流星、『はじこい』でバキバキ腹筋披露



 同ドラマは隔月刊『クッキー』(集英社)に連載中の持田あき氏による漫画を実写化。恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・順子が永山絢斗、横浜流星、中村が演じるタイプの違う男性3人からアプローチされるラッキーラブコメディー。星野演じる優華はまだ原作には登場していないキャラクターとなっている。



 第7話では、匡平(横浜)をなんとしてでも東大に合格させるため、順子は東大受験専門塾『花恵会』に匡平を入会させる。花恵会の講師の中で一番人気の百田朋奈(高梨臨)の出現で、学歴、実績、若さ、お金…と自分にはないものを全て持っている百田と自分を比べて落ち込む順子。そんなある日、山下のもとに離婚した優華が突然訪ねてくる。果たして優華は山下に何を伝えるのか…。そして順子を巡る男性たちの想いも加速する。
カテゴリ