男子が本気の女子にしか送らないLINEメッセージの5つの特徴

男子が本気の女子にしか送らないLINEメッセージの5つの特徴

男子には本気になった女子にだけ送るLINEメッセージがあります。


今回はその特徴を5つお伝えしたいと思います。



特徴1:弱音を吐く


男子は


「今日は大変だったー」


「今週は怒涛」


「週末はリフレッシュしたい気分」


といったように、弱音系のLINEメッセージをキープ女子に送ることはあまりありません。いつも優しく、おおらかで、格好良い男子という印象をキープしておきたいからです。


一方で、本気の女子の場合は、理性と感情が男子の中でごちゃごちゃになることが多いです。「ちょっと甘えても大丈夫かな」と恋愛の本命にするかのチェックをかけるという意味でも、弱音系のLINEは本気の女子にしか送りません。


ただし、誰かれ構わず愚痴を送る男子もいますので、不満や愚痴が多い場合はこの限りではありません。


特徴2:相手に対して労いの言葉を含む


男子も仕事やプライベートでもちろん大変なこともあります。本気の女子に対しては、そういう状態であっても、労いの言葉を男子はLINEメッセージ上でもちゃんと送ります。


ただ単に「お疲れ様」スタンプを送るだけのやり取りではなく、


「そうか。大変だったね。もう少しだから頑張ろう」


「そういう時あるよね。分かる分かる」


「今度めちゃくちゃ発散できそうなデートをしよう」


といったように、前向きになれるような労いのメッセージを入れ込みます。


特徴3:おはよう、おやすみ、行ってきます系


男子は仕事前は戦闘態勢を整えます。また、就寝前はリラックスタイムにあてることが多いです。そのため、キープ女子やただの友人に対しては、そういう時間にメッセージはあまり送りません。


「おはよう。今日も良い天気だね。」


「1週間の始まり、頑張ろう。」


「おやすみー」


といったように気軽ではありますが、朝や夜の時間、仕事始まりの少し前の時間にメッセージを送ってくる場合は、本気度が高いと言えるでしょう。


特徴4:写真を送ってくる


男子はキープ女子や友人に対しては、とにかく、「手間をかけない」ようにします。LINEメッセージの同じで、定型スタンプでのやり取りが多くなります。


本気の女子に対しては


「今日はXXが美味しかった」


「ここすごい行ってみたい」


「会社の飲み会ナウ」


と自分のことを知ってほしいという欲求が勝ち、写真などをわざわざ送ってくるようになります。キープ女子や友人に対しては、3日後などに、「この前・・・」という形で写真を送ることもありますが、それは本気度の高い女子に送ったものの使いまわしです。


特徴5:私生活のいろいろなバリエーションを送ってくる


本気の女子に対しては、男子は手間をかけて、LINEメッセージ上でもアピールをしてきます。


「週末ジムナウ」


「今日は晴れたからランニング」


「ちょっと優雅にビールタイム」


「美術館行ってみた」


「テニスの体験に顔出し中」


など、自分はいろいろな引き出しを持っている、活動的だ、才能がある、といったようなアピールにつながるメッセージを多く送ってきます。


おわりに


今回のヒント、いかがでしたでしょうか?


LINEのやり取りから交際が始まるケースもあると思います。


今回のヒントを参考に、交際後のLINEメッセージをモニタリングして、男子の本気度を探ってみてくださいね。


(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ