中村倫也、『長いお別れ』で蒼井優、竹内結子らと共演 “家族愛”あふれる予告編も到着

中村倫也、『長いお別れ』で蒼井優、竹内結子らと共演 “家族愛”あふれる予告編も到着

 女優・蒼井優、竹内結子、松原智恵子、俳優の山崎努らが出演する映画『長いお別れ』に、追加キャストとして俳優の中村倫也、北村有起哉らが出演することが27日、発表された。さらに公開日は5月31日決定し、シンガーソングライター・優河の主題歌にのせた予告編も到着した。



【動画】映画『長いお別れ』家族愛伝わる予告編



 原作は、直木賞受賞作家・中島京子氏の同名小説。メガホンを取るのは『湯を沸かすほど熱い愛』(2016年)で、『第40回日本アカデミー賞』の優秀監督賞と優秀脚本賞を受賞した中野量太監督。追加キャストとしてそのほか、杉田雷麟、松澤匠、清水くるみ、倉野章子、不破万作、おかやまはじめ、池谷のぶえ、藤原季節、小市慢太郎の出演も発表された。



 認知症を患い、日々“父”でも“夫”でもなくなっていく元・中学校校長の昇平(山崎)と、どんな時も家族に対して献身的な愛情を絶やすことのない母・曜子(松原)。そして人生において様々な岐路に立たされている2人の娘、芙美(蒼井)と麻里(竹内)。彼らは日に日に遠ざかっていく父の記憶の中に、家族の誰もが忘れかけていた、それぞれの人生を生き直すために必要な、ある“愛しい思い出”が今も息づいていることを知る。



 予告編では、「あんた誰だ?」と娘の顔を忘れてしまったり、同級生の葬式で「ナニ、中村死んじゃったの?」とさけんで、周りを呆然とさせてしまう昇平の姿が。「この頃ね、いろんなことが遠いんだよ」と父の言葉をきっかけに、家族が認知症の昇平に向きあっていく。さらに芙美の彼氏・道彦を演じる中村の優しげな表情など、追加発表になったキャストたちも登場。最後は、本ビジュアルのコピーでも使われている“だいじょうぶ。記憶は消えても、愛は消えない。”と文字が入り、家族愛を描いた優しい物語を予感させる。また、優河が書き下ろした主題歌「めぐる」も流れ、穏やかな映像に優しい歌声がシンクロされている。

カテゴリ