彼ともっと愛が深まるスキンシップ3選

彼ともっと愛が深まるスキンシップ3選

大好きな彼氏と長くラブラブでいられたら嬉しいですよね。


日本人は欧米人と比べるとスキンシップ下手と言われるようですが、軽めのスキンシップを積極的にとることがラブラブカップルが長続きする秘訣かもしれません。


今回は、彼ともっと愛が深まるスキンシップを3つご紹介します。



自撮りで顔寄せは今でもドキドキ


「付き合ったばかりの年上の彼女がいるんですけど、デートのたびに『はいっチーズ♡』って自撮り写真撮るんですよ。


2人とも画面に入ろうと思ったらけっこう顔寄せなきゃいけないので、肩や手が触れる感じの距離感に内心今でもドキドキです」(25歳/販売)


デート中、カフェの料理や街の風景などの写真をスマホで撮る人は多いのでは?


ときには彼氏と2人の自撮り写真も撮ってみましょう。


顔を寄せ合ったり、ちょっと肩に頭を置いたりするようなスキンシップが2人の仲をますますラブラブにしてくれますよ。


お出かけ前のハグで毎朝幸せに


「同棲中の彼女、俺の方が朝早いから『行ってらっしゃい』って玄関でハグしてくれるのが俺たちのラブラブの秘訣だと思ってる。


結婚しても子どもが産まれてもこの習慣は続けたいな」(33歳/営業)


玄関で「行ってらっしゃい」のハグをされると嬉しいと思う男性は多いようです。


同棲中の彼氏や、彼氏の家にお泊りした翌朝など、軽くぎゅっと抱きついてみてはいかがでしょうか。


スキンシップが愛を深めてくれるだけでなく、出かける前はいつもハグするようにしていると、ケンカをしてしまった翌日でも仲直りのきっかけになるかもしれませんよ。


男だって頭を撫でられたい!さりげなくされると◎


「年下の彼女がいるんだけど、自宅デートでちょっとPC作業で仕事してたら『頑張ってるねぇ~』って頭をナデナデしてくれることがあって実は地味に嬉しい。


『それ済んだらデートに出かけようね』ってコーヒー淹れてくれることも。


ずっとこんな毎日過ごせたらいいな……なんてプロポーズ秒読みですよね」(38歳/銀行)


女性の頭をぽんぽんとするのが男性からの愛情表現としてよく言われるかもしれませんが、実は男性の方も頭をちょっと撫でられると嬉しい!と思う人もいるようです。


週末に「今週もお疲れさま」と声をかけながら頭を撫でてあげてはどうでしょうか。


軽めのスキンシップを日常的にとろう


外で手をつないだり、人目もはばからずイチャイチャするだけがスキンシップではありません。


写真を撮るときに顔を寄せ合ったり、「行ってらっしゃい」で数秒ハグしたりするなど、日常のちょっとしたスキンシップに男性はドキドキしている様子。


軽めのスキンシップを積極的にとって、彼との愛を深めたいですね。


(愛カツ編集部)



カテゴリ