sumikaのボーカル片岡健太「夢ではなくて本当にうれしいです」

sumikaのボーカル片岡健太「夢ではなくて本当にうれしいです」

3月4日(月)~


3月のマンスリーエンタメプレゼンターに4人組バンド・sumikaのボーカル片岡健太がが登場!




4人組バンド・sumika(左から2番目が片岡健太)


6月よりパワーアップした『めざましテレビ』のテレビ・エンタメコーナー。マンスリー(月ごと)でスペシャルプレゼンターが番組に生出演し、軽部真一アナウンサーと共にエンタメニュースを伝えていますが、3月は4人組バンド、sumikaのボーカリスト・片岡健太が務めることが決定しました。

sumikaは2013年にバンドを結成。バンド名の由来は、片岡が建築好きということもあるが、「さまざまな人にとって“sumika”【住み家(すみか)】のような場所になってほしい」という思いからつけられました。

 2013年には1stミニアルバム「新世界オリハルコン」を発表。2014年には価格自由設定アルバム「Dress Farm #1」「Dress Farm #2」や自由参加型映像作成企画「Niwa cinema」をスタートさせるなど、独創性に富んだ発想での活動スタイルも彼らの魅力のひとつ。2016年5月にはミニアルバム「アンサーパレード」を発売、2017年7月に1stアルバム「Familia」を発売、全国各地でライブ会場は満員となり、2018年には日本武道館3デイズを満員にし大成功に収めました。そして今月13日には2ndアルバム「Chime」が発売。このアルバムに収録されている楽曲「ホワイトマーチ」はJR SKISKI 2018-2019キャンペーンソング、「フィクション」はフジテレビ系“ノイタミナ”TVアニメ『ヲタクに恋は難しい』のオープニングテーマ、劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」では「ファンファーレ」がオープニングテーマほか、14曲中6曲のタイアップが決まっています。また、発売翌日から日本武道館を皮切りに全国16カ所24公演、sumika『Chime』Release Tourもはじまります。そんな今大注目のバンドでボーカルを務める片岡健太が、『めざましテレビ』でどのようなプレゼンターぶりを発揮するのか、楽しみです。



そんな片岡健太が初めてチャレンジする情報番組のプレゼンター、『めざましテレビ』で見せる新たな一面にご期待ください!

(6月:白濱亜嵐、7月:戸次重幸、8月:尾崎世界観、9月:歌広場淳、10月:高橋優、11月小関裕太、12月:宮野真守、2019年1月:霜降り明星、2月:ガリットチュウ)




4人組バンド・sumikaのボーカル片岡健太


「大切なバトンなので、しっかりと握って、春に向けて走っていきたい」


<片岡健太コメント>

Q 今回のお話がきたときの率直な感想は?

「朝目覚めたら“決まりました!”というメールが届いていて“さては夢だな”と思って二度寝しました。夢ではなくて、本当にうれしいです」



Q『めざましテレビ』に対する印象は?

「今日一日の活力と、朝まで仕事を頑張った日には、眠る前の安らぎをくれる存在です。僕も軽部さんと同じ天秤座なので、占いコーナーで悪い運勢だった日も“大丈夫。軽部さんも一緒”と思って一日乗り切っています」



Q最後に、エンタメコーナープレゼンターとしての意気込みを!

「錚々(そうそう)たる方々から繋がれてきた大切なバトンなので、しっかりと握って、春に向けて走っていきたいと思います。一カ月よろしくお願いします!」




『めざましテレビ』出演者


■番組情報


<タイトル>



『めざましテレビ』


<放送日時>



毎週月~金4時55分~8時放送 

※出演は3月4日(月)、11日(月)、19日(火)、26日(火)


<メーンキャスター>



三宅正治(フジテレビアナウンサー)、永島優美(フジテレビアナウンサー)






カテゴリ