『羽鳥慎一モーニングショー』宇賀なつみアナの後任に元乃木坂・斎藤ちはる

『羽鳥慎一モーニングショー』宇賀なつみアナの後任に元乃木坂・斎藤ちはる

 テレビ朝日の朝の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(月~金 前8:00)で、メインキャスターの羽鳥慎一のアシスタントを務める同局の宇賀なつみアナウンサーが3月末で番組を卒業(退社してフリーに転身)。その後任に4月入社予定の新人アナウンサー、斎藤ちはるを起用することが発表された。斎藤アナは、乃木坂46の1期生として活躍し、昨年夏にグループを卒業。乃木坂出身のアナウンサーは、昨年4月に日本テレビに入社した市來玲奈に続き2人目となる。



【写真】テレ朝に入社する斎藤ちはる



 同番組は、2015年10月からスタートし、4月で放送3年半を迎えるが、17年、18年と2年連続で年間平均視聴率民放トップを獲得するなど、“朝の情報番組”として存在感を高めてきた。



 宇賀アナは09年入社から5年間、『報道ステーション』の担当となり、14年から早朝『グッド!モーニング』、そして『羽鳥慎一モーニングショー』は開始当初から3年半担当。ジャーナリストの池上彰氏の番組でもアシスタントを担当し、政治や経済、世界情勢のニュースにも安定した対応を見せてきた。



 そんな宇賀アナからバトンを受ける斎藤アナは、「『羽鳥慎一モーニングショー』のアシスタントを務めさせていただくことになりました。入社したばかりの未熟者の私がこのような大役をおおせつかり大変緊張しております。羽鳥さんの足手まといにならないようさまざまなニュースを一生懸命伝えられるよう頑張ります」と、コメントしている。



■斎藤ちはる プロフィール

埼玉県出身、明治大学文学部を2019年3月卒業予定

4月1日テレビ朝日入社予定

趣味は一眼レフで写真を撮る事、歌う事、スポーツ観戦。

外に出て新しいものや人に触れるのが好き。
カテゴリ