長く付き合いたいと彼氏に思われる彼女の特徴とは?

長く付き合いたいと彼氏に思われる彼女の特徴とは?

彼氏に尽くすと彼に長く付き合いたいと思われる?反対に、尽くされると重たいからはやく別れたいと思う?どっちが正解?と悩んでいる女子もいると思うけれど、こればかりはケースバイケースです。


つまり、尽くす・尽くさない以前の問題、すなわち「尽くし」の前提にあるものによって答えが変わってきます。


その「前提にあるもの」について、今回はお届けしたいと思います。



恋愛感情より「話が合う感覚」がある女子


男子にとって、彼女に尽くされるのが心地よいか重たく感じるかの判断の前提にあるのは「話が合う感覚」だったりします。男子って、女子ほどキラキラした恋愛とか、そういう言葉を使わないでしょう?つまり男子は女子よりも、恋愛のふわふわキラキラした感覚を重視していないということなんですね。


じゃあ何を重視しているのかといえば、話が合う感覚です。ときどきネットに「知的なものが合わないと、そのカップルは破局しやすい」と書いてあるのを見かけますが、ざっくり言うとそういうことです。知的というのは、何もむずかしい政治経済の話とか、偏差値いくつ?ということではなくて、何かを見たり感じたりした時のふるまいのことです。つまりリアクション。


あなたのリアクションに彼が共感しなくとも、一定の理解をしてくれている状態、それが話が合う状態です。


簡単にいうと、要するに話していて楽しいか楽しくないか、という感覚的な判断がまずあって、そのあとに、尽くされてうんぬんという問題が出てきます。


男子は、話が合う女子と長く一緒にいたいと思います。


自分のことを話してくれる女子


心理学では自己開示と言われているそうですが、簡単にいうと「自分のことを話す」女子は、彼に長く一緒にいたいと思われます。


恋愛に簡単に使える心理学ネタは、すでにネットに流布しているので、これ以上の解説は不要でしょう。


あなたが彼に対して、自分のことを話せば話すほど、彼はあなたのことを大事にしたいと思うし、長く一緒にいたいと思う――これは心理学的にも証明されていることのようです。


自分にないものを持っている女子


心理学を持ち出したついでに、もう1つ。付き合うふたりは、似た者どうしである。これは心理学的にはそうとは言い切れないそうです。身体的特徴が似ているふたりは惹かれやすい――こういうことは、心理学的に言われているらしいけど、内面が似ている者どうしが惹かれやすいというのは、最近の研究でちょっと違うんじゃないのか、とされているそうです。


似た内面を持っている(たとえば、大学受験に失敗して、人生にコンプレックスを持っている)ふたりは、いっときは惹かれあうものの、やがて別れゆくのだそうです。


反対に、彼は受験に失敗して失意のうちに青春を過ごし、彼女は指定校推薦でのびのびと青春時代を過ごした――こういうふたりのほうが長持ちするのだそうです。


簡単にいえば、自分にないものを持っている相手に、人は惹かれ、長く付き合いたいと思うということでしょう。これはきっと、男女問わず言えることかもしれないですね。


いかがでしょうか。


タイトルに「彼氏のホンネ」と銘打ったにもかかわらず、最後は、男女問わず言える心理学ネタになってしまい申し訳ございません。


でもあれですよ、女子がキラキラした恋愛目線で「どうやったら彼氏と長く付き合えるのかなあ」と思っているのとはまた別の視点から、彼は「交際の長さ」を見ているということです。


そう考えると、長く付き合っている彼氏が結婚してくれないという女子の悩みにも、簡単に答えが出てきますよね。つまり彼は、たとえば「どこかしら彼女と話が合わない」と思っているのです。


これは究極に悲しいことかといえば、そういうわけでもないでしょう。バシッと話が合う「運命の人」を探す旅の、ほんの途中の出来事にすぎないです。そう思わないですか?


(ひとみしょう/作家)


(愛カツ編集部)



カテゴリ