気になる彼を射止める「初対面での必勝会話術」3つのテク

気になる彼を射止める「初対面での必勝会話術」3つのテク

彼と距離を縮めたいのに、会話ベタだからイマイチ話が盛り上がらずに終わってしまう……。


会話というコミュニケーションから人は相手に興味を抱きますから、すぐに会話が途切れてしまうとなかなか関係を縮めるのに苦労しますよね。


しかし会話の中にあるポイントをしっかり押さえておけば、もう話が途切れるなんて心配をしなくていいんです。


初対面でも必勝できる!彼があなたに興味を持ってくれる会話術についてご紹介していきましょう。



1、相手からの質問には、プラス情報をつけてみて


よく「どんな仕事しているの?」なんて初対面だと相手の情報を得るためにする会話の一つですが、あなたならここでどんな風に返答しますか?


「事務してるよ」という返しは悪くありませんが、この時点で会話広がらずに終わってしまいがちです。


ここで重要なのが、相手の質問にはそれに答える情報プラスアルファを結び付けていくのがポイントだったんです。


「事務してるよ!デスクワークだから一日パソコンや数字とにらめっこでその反動からか、会社帰りは体を動かしたくなっちゃって一駅分歩いちゃったりしてるよ」


と詳しい仕事内容を付け加えたり、自分の情報もプラスしたりすることで相手に興味を持ってもらいやすくなります。


このように相手の興味を引くためには質問に対する答えだけではなく、そこに自分の情報や詳しい内容をプラスしていくことで話が広がりやすくなるでしょう。


2、話すときの声の抑揚と表情を意識してみる


どう話したら相手の印象に残るだろう?そればかり考えて緊張しながら話してしまっていませんか?


それでは相手には「緊張してるな~」「こわばってる…?」なんて無理をしている感じが伝わってしまいますから、自分が話すときには声に抑揚をつけたり表情を意識してみたりしましょう。


例えば一方は話していても平たんな声で表情がなんとなくつかみ取れない……そうするとそのような人の印象は「楽しくない?」「自分のことあんまりよく思われてないのかも」なんて相手にマイナスなイメージを与えてしまいます。


一方、自分が強調したい部分はイントネーションを工夫していたり表情もその話題によって変化させるとどうでしょう。


「楽しませてくれている」「明るいな~」というプラスな印象を与えることができます。


このように話し方や表情を意識するだけでも相手が受けるあなたの印象というのはかなり変わってきます。


表情に出すのに自信がないのであれば、声で変化をつけてみたり、笑顔で話したりすることを意識してみては。


これだけでも会話の中で明るく楽しい雰囲気を作れるでしょう。


3、一方的に話すよりも、時には聞き役で相槌や同意をしてみる


どうにか自分を知ってもらおうと次から次に「私は~」と話し続けてしまうのはNG。


会話が盛り上がるどころか、焦っているような印象がついてしまうかもしれません。


では、自分の話はしない方がいいのか……というと、そうではなく。あなたが話しているときに「それって俺も~」なんて相手が乗っかってくる場面もあるので、そこでは相手の話を聞く姿勢をつくるのが大切です。


自分の話ばかりでは「この子、自分の話ばかりだな」なんて早々にフェードアウトされてしまうなんてこともあります。


話題が弾んできたら相手に質問を返して聞き役に徹する場面も作ることがポイントになるでしょう。


そんな話を聞いているときに押さえておきたいのが”あいづち”と”同意”の仕草。


人は自分の話を聞いてもらえていると感じるのは相手が「うん、うん」と相槌をうってくれたり「そうなんだね」と同意をしてもらったりした時。


そのような仕草というのは話している人の気持ちを満たしてあげることなので、忘れずにトライしてみて!


ポイントを押さえれば会話は止まらない


このように初対面であっても、会話を作り出すうえでの質問の場面のポイントを覚えておくだけで、自分が答えた一言で会話が止まってしまうなんてことも防ぐことができます。


ここで紹介したポイントを意識して、気になる彼と一気に距離を縮められるよう工夫してチャレンジしてみてくださいね。


(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ