EXIT、紺野ぶるま、土佐兄弟…若手芸人11組がラジオ特番かけ“トーク力”バトル

EXIT、紺野ぶるま、土佐兄弟…若手芸人11組がラジオ特番かけ“トーク力”バトル

 ニッポン放送と日本音楽事業者協会が2008年から半年に一度、共同で制作を行っているラジオ番組『オールナイトニッポン0(ANN ZERO)~決戦!お笑い有楽城~』の公開収録が5日、東京・有楽町のニッポン放送内で開催。『ANN ZERO』単発パーソナリティー権と優勝賞金10万円をかけて、ブレイクが期待される若手芸人11組が熱いバトルを繰り広げた。



【写真】審査員として出席したSKE48・大場美奈



 これまで「ネタ」と「トーク」で戦ってきた同大会が、今回からラジオ形式での“トーク力”を競う大会へとリニューアル。アナクロニスティック、EXIT、紺野ぶるま、サツキ、ちゃちゃ丸、土佐兄弟、HENHEN事変、マカロン、山下カズオ、ゆーびーむ☆、ロングアイランドが出場し、審査員は松村邦洋、SKE48の大場美奈、ANNプロデューサーの冨山雄一氏の3人が務めた。



 歴代優勝者は、マシンガンズ、ラバーガール、いとうあさこ、フォーリンラブ、なすなかにし、三拍子、磁石、バイきんぐ、モグライダー、あばれる君、湘南デストラーデ、ダブルブッキング、ピスタチオ、メイプル超合金、笑撃戦隊、エル・カブキ、ペンギンズ、卯月、岡野陽一と多彩なメンバーが並ぶ同大会。この日は、ガラス張りで観客の声が全く聞こえないラジオブースで、「ラジオ」をテーマに2分半のトークを行った。



 松村は、土佐兄弟の小栗旬ものまねに注目して「このまま、小栗旬のオールナイトニッポンで聞きたかったですね。でも、兄弟のラジオっていいですね」と高評価。下ネタをふんだんに取り入れた紺野に対しても「笑福亭鶴光さんの時間の後に聞きたいような内容ですね。やっぱり、下ネタこそ土曜日のオールナイトだと思いますので、女・笑福亭鶴光を聞きたい」と期待を寄せていた。



 大会の模様は、30日の深夜3時から4時30分まで放送される。
カテゴリ