TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』キャラクター紹介【感想コラム番外】

TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』キャラクター紹介【感想コラム番外】

このページは随時情報を更新しています。
このページの目次

1 盾の勇者パーティ1.1 岩谷尚文1.2 ラフタリア1.3 フィーロ2 槍の勇者パーティ2.1 北村元康2.2 マルティ(マイン)3 メルロマルクの人々3.1 エルハルト
■盾の勇者パーティ

岩谷尚文

盾の勇者として召喚された20歳の青年、魔法の適正は回復と援護。メルロマルクの王女マルティの策略によって何もかもを奪われ、冷酷な性格に変貌してしまうが、根底にある優しさだけは失わなかった。ラフタリアとの交流によって精神的に救われ、心の余裕を取り戻す。


調薬と宝石細工を主力に行商する並外れた商才を持ち、手先が器用で料理が得意。


外伝である『槍の勇者のやり直し』では、性格が変貌しなかった尚文がメインキャラを務めるため、心の傷がどれほど性格に影響を及ぼしたのかがよく分かる。


ラフタリア
TVアニメ『 盾の勇者の成り上がり 』第2話「奴隷の少女」【感想コラム】
タヌキのような耳と尻尾を持つ亜人の少女、光と闇の魔法が使え幻影を得意とする。最初の“波”によって孤児となり、奴隷にされてしまうが尚文に買われたことで、一人では満足に戦えない彼の“剣”としてパートナーになる。真面目な性格で、尚文が悪い方向に行きすぎないよう止める役でもある。

尚文に好意を抱いているが、彼からは娘のように思われていて前途多難。


フィーロ
TVアニメ『 盾の勇者の成り上がり 』第6話「新しい仲間」【感想コラム】
尚文が育てた鳥型の魔物フィロリアルで、盾の勇者パーティのムードメーカー。フィロリアル・クイーンとして高度な変身能力を持ち、人間の姿になることが出来る。明るく元気な食いしん坊で歌と馬車を引くのが好き。


■槍の勇者パーティ

北村元康
TVアニメ『 盾の勇者の成り上がり 』第3話「災厄の波」【感想コラム】
槍の勇者として召喚された21歳の青年、魔法の適正は火と回復。正義感は強いものの、仲間の言葉を盲目的に信じてしまう傾向にあるため、マルティの策略に乗せられてしまう。

外伝『槍の勇者のやり直し』では主人公を務めるが、とある出来事によって頭のネジが半分以上吹っ飛んでおり、ほとんど別人と化してしまっている。


マルティ(マイン)
メルロマルクの王女だが、筆舌に尽くしがたいほど性格が悪く横暴でワガママ。だいたいこいつのせい、という言葉が一番伝わりやすい。


■メルロマルクの人々

エルハルト
武器屋の親父の本名。アニメではキャラ紹介やEDのクレジットで最初から名前が出ているものの、原作で名前が出てくるのはなんと13巻になってから。腕のいい鍛冶師であり、彼の手掛けた装備品共々尚文たちから深く信頼される。



題名
盾の勇者の成り上がり

原作
アネコユサギ(原作者)、弥南せいら(小説挿絵)

監督
阿保孝雄

キャラクターデザイン

総作画監督
諏訪真弘

シリーズ構成
小柳啓伍

出演
岩谷尚文・石川界人

ラフタリア・瀬戸麻沙美

フィーロ・日高里菜

公式サイト
http://shieldhero-anime.jp/

大好評の盾の勇者の成り上がりを見逃さないで!



TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第1話「盾の勇者」
TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第2話「奴隷の少女」
TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第3話「災厄の波」
TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第4話「暁の子守唄」
TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第5話「フィーロ」
TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第6話「新しい仲間」
TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』第7話「神鳥の聖人」

TVアニメ『 ドメスティックな彼女 』第1話 「ここであたしと、してくんない?」【感想コラム】






(あにぶ編集部/如月)
カテゴリ