300本の夜桜に囲まれた平安神宮でスペシャルコンサートを開催

300本の夜桜に囲まれた平安神宮でスペシャルコンサートを開催


4月4日(木)~7日(日)、京都・平安神宮にて、300本の夜桜とともに華やかな演奏が堪能できる「平安神宮 紅しだれコンサート2019」が開催される。


「平安神宮 紅しだれコンサート」は、平安遷都1200年記念事業の一環として平成元年より開催。ライトアップされた約300本の紅しだれ桜に囲まれた平安神宮の東神苑・貴賓館をステージにした幻想的なコンサートは、あえて客席を設けず、神苑を散策しながら音楽とともに京都の春が堪能できる特別なイベントだ。


今回のコンサートには、日本レコード大賞の受賞歴もあるオカリナの第一人者・宗次郎、「世界の車窓から」のテーマ曲を手がけるなど、作曲家やプロデューサーとしても活躍するチェリスト・溝口肇、日本を代表する雅楽師・東儀秀樹など豪華アーティストが日替わりで登場。平成最後の「平安神宮 紅しだれコンサート」を飾るにふさわしい超一流の演奏を楽しむことができる。


入場料は2000円(小学生以上有料)、入場日指定の前売券は1700円で現在発売中。詳細は公式Webサイトを要チェック!

桜舞う京都を舞台に開催される優雅なコンサートをお見逃しなく。
カテゴリ