男性に聞く「なんであなたはLINE無精なの?」

男性に聞く「なんであなたはLINE無精なの?」

「彼からLINEが返ってきません」「自分からはLINEしてくれない」女子からこんなお悩みを聞くことがあります。


明らかに脈がないなら仕方ないけど、会えば脈アリ風なのに、もう付き合ってるのに……こんな場合は「なんで?」と思いますよね。


なぜ彼らはあんなにLINEをくれないの?理由を聞いてみました。



挨拶LINEは不要


「彼女は毎日『おはよう』『おやすみ』のLINEをしたがるけど、僕は別に……。


定型文しか送らないなら、ムリに送りあうことないんじゃない?と思う。用があるときだけでいいんじゃないかな」(26歳・男性)


彼と毎日『おはよう』『おやすみ』の定期便LINEをしたい女子も多いのではないでしょうか。


平日は仕事があるし、LINEでつながっていたい、という気持ちもあるでしょう。でも、忙しい彼や気まぐれな男性は「LINEが義務になるととたんに面倒くさくなる」こともも多いです。


女子は「挨拶くらい大した手間じゃないでしょ?」、男性は「定型文を送るだけならやらなくていいじゃん!」とすれ違いが生まれます。


「LINEが来ると、自分のことを思い出してくれたようでうれしい」など、なぜこまめなLINEが好きなのか、理由を話してみるといいかもしれません。


返信がプレッシャー


「女の子からのLINE、来るのはうれしいんですよ。気になってすぐ既読つけちゃうし。でも、返信は苦手……。なんて返せばいいかわからないので、時間がかかりますね。


返す気はあります。でも、『返事が遅い』『もうちょっとLINEくれるとうれしい』とか催促されると、さらに返事しにくいな」(27歳・男性)


女子のLINEがうれしいし、返事をしたい気持ちはある。でも、なんて書けばいいのかわからない……。こんな人も意外に多いんです。


気軽に返したら「そっけない」と言われたり、微妙な文章のニュアンスで女子を怒らせた経験がある、はたまた「好きな子に変な風に思われたくない」など、


LINEに関する苦手意識があると、返しにくさからLINE不精に、となってしまうのかも。


さらに、スマートな男性でありたい!という願望が強すぎて、「何の話題を振ったらいいのかわからない」ので、自分からはほとんど出さないなんて人もいます。


女子が年上の場合など「男性が自分を大きく見せたがっている」場合も、LINEへのハードルが上がるようです。


「細かいことは気にしてない」「スタンプだけの返信もアリ」など、女子からハードルを下げる提案をしてみるのもいいのでは?


返せるときに返せばいい


「LINEでそんなに何度もやり取りしたい気持ちがわからない。自分の友達とだって、会う用事がなければそんなにこまめにやり取りしないよ。


自分から用があればLINEするし、来れば返すけど、彼女から、特に用がないのにもっとLINEしてって言われるのはちょっと嫌かなー。会って話せばいいじゃん」(24歳・男性)


「LINEはアポ取りツール」と割り切って使っている男性からすると、LINEでコミュニケーションしたがる女子のことを、ちょっと面倒に感じることも。


もう付き合っている間柄なら「じゃあサクサクアポ取りして、会って話そ」で済みますが、片思いの女子にとっては厳しいですね。


会おうと誘うのはハードルが高いからと、しつこくLINEで雑談しようとするのは危険。


「(彼の得意なことを)教えてほしい」「(彼の好きそうな食べ物)食べに行かない?」など、要件がはっきりしたお誘いを投げかけ、デートに持ち込むのが吉です。


女子の期待値が高すぎるのかも


女子からすれば「LINE不精でしょ」と感じる男性も、LINE自体を嫌いというわけではないよう。


「考えすぎて返せない」「会うほうが大事」など、LINEに求めることが女子とは違うのかも。


頼めばたくさん送ってくれるとしても、ムリにやらせたコミュニケーションで仲良くなれるわけではありません。


「回数は少ないけど楽しい話題を丁寧に」「アポ取りツールと割り切る」など、彼に合わせたコミュニケーションに切り替えるのもいいのでは?


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ