かんべんして!男性がウンザリする恋愛ルール3選

かんべんして!男性がウンザリする恋愛ルール3選

付き合っている2人の間に、何かしらの恋愛ルールを設けているというカップルは多いもの。


2人ともが納得できるルール内容ならいいのですが、ひそかに男性側はウンザリしている可能性も!


今回は男性の体験談の中から、男性にウンザリされる可能性の高い恋愛ルールを探っていきましょう。



電話は欠かさず月水金


「俺と彼女の恋愛ルールは、“電話は欠かさず月水金”。どんなに仕事が忙しくても、当日中に必ず電話するのが決まりです。この前残業後に仕事仲間と飲み会に行って、酔っ払って2時くらいに彼女に電話すると……“飲み会前に1本電話入れてくれれば日をまたぐことなかったじゃん!”と怒られました。このルールって何なんだろうって思います」(24歳/食品メーカー)


電話やメール、LINEの頻度を決めているというカップルはけっこういると思いますが、ルールがガチガチすぎると男性をウンザリさせる原因に。


時間や期間の多少のズレを許す、男性側がうっかり忘れる可能性を考えておくなど、女性側の受け止め方も大切ですよ。


誕生日は当日祝うのがマスト


「彼女とは付き合って5年になるんですが、誕生日は当日に祝うことを欠かさずやってきました。しかし、俺は今年から新社会人。年下の彼女はまだ学生。社会人になると“当日祝う”のが難しいこともあるのに……彼女は納得できないようで、このルールのつらさを実感しました」(23歳/広告会社)


こちらは学生から社会人になる環境変化によって、恋愛ルールにうんざりし始めた男性の体験談。彼女が年下となると理解できない部分もあるでしょうが、多少は融通を効かせてあげることが大切。


誕生日のお祝い事態をスルーされたわけではない!と開き直って、別日程の誕生日祝いを思いっきり楽しんではいかがですか?


私のスマホを見せる代わりにあなたのも見せて


「彼女の言い分は、“私自身まったくやましいことがないから、あなたにスマホを見せられる。だからあなたのも見せて”。このルールは2人で話し合ったわけではなく、付き合う中で自然と生まれたものです。先日同僚の勧めで恋愛ゲームを始めたんですが、正直彼女には知られたくなくて……次にいつものルールが実行されるのはいつなんだろう、とため息交じりに対策を考えています」(24歳/運送会社)


カップル間でスマホを見せ合う=やましいことがないという証明になりますが、プライベートが筒抜けになることに違和感のある男性ももちろんいます。


どんなに大好きな彼女でも、秘密にしておきたいことはあるのに……そんな男心への理解も、彼女として必要ですね。


恋愛ルールを見直してみよう


たとえルールを設けた時点で男性側が納得していても、時が経つにつれ嫌気がさすように……なんてパターンもめずらしくありません。


2人のラブラブな関係を長続きさせるために、一度恋愛ルールを見直すのもアリですよ!


(愛カツ編集部)



カテゴリ