高杉真宙初の“俺様キャラ”で「相手がムカつきそうなことをやってみた」

高杉真宙初の“俺様キャラ”で「相手がムカつきそうなことをやってみた」

ドラマ『高嶺と花』高杉真宙・竹内愛紗対談





3月18日(月)からFODにて配信される連続ドラマ『高嶺と花』は、ビジュアルも仕事も完璧なのに高慢ちき!という残念な御曹司・才原高嶺と、明るく気が強い一般庶民JK(女子高生)・野々村花のふたりがお見合いをするところから始まる年の差・身分差ラブコメディです。配信開始を目前に、主演の高杉真宙さんとヒロインの竹内愛紗さんのインタビューをお届けします。


――このドラマは、御曹司と女子高生という“年齢差”“身分差”のあるふたりの関係を描いたラブストーリーですが、台本を読んだ感想は?


高杉:まず、原作漫画を読ませていただいてから台本を読んだんですけど、原作はもちろん少女漫画ならではのキュンキュンポイントもありますが、「男子でも読めるギャグ要素の強い面白い漫画だな」と思いました。ふたりのテンポ感というか、お互いが上を取る“せめぎ合い”っていうのが本当に面白くて。そこで僕が演じる高嶺は、26歳の会社員でスーツを着た残念な御曹司(笑)。高嶺のような“俺様キャラ”の性格の役をあまり演じたことがなかったので、どう演じたらいいのか想像がつきませんでした。



竹内:私も漫画から読んだんですけど、高嶺さんと私が演じる花ちゃんのテンポ感と、花ちゃんの表情がコロコロ変わるのがいいな、と思いました。喜怒哀楽、いろんなパターンがあったりして。だから、それを実写化するときに花ちゃんらしさを崩さないように、研究が必要だなと思いました。あとは、10歳も年上の御曹司の高嶺さん相手に、「ここまで言っちゃうんだ!?」とも思いました(笑)。


――役作りで心がけた点はありますか?


竹内:花ちゃんはすごく表情が変わるので、高嶺さんが言ったことに反応する時もそうだし、自分から何かを言う時でも、表情が重ならないように意識しました。私はこれまで暗い子を演じることが多かったんですけど、花ちゃんは明るいですし、セリフ量も多かったので、高嶺さんに負けないテンポ感を出すためにも、噛まないように必死で練習しました。



高杉:少女漫画なので、格好つけるところは面白く滑稽に、逆に格好つけていないところで格好つけるべきだと思っていました。まあ、カッコつける部分が8割ではありますけど(笑)。それが面白おかしくなればいいなと思って、花ちゃんと同じですが、表情を大きくしたり、演技を大げさにしたり、監督とも相談しながらリハーサルでも何度も確認して作っていきました。





――高杉さんから見た花、竹内さんから見た高嶺の、“ここが一番好き”というところは?


高杉:花ちゃんのいいなと思う部分はいくつかあるんですけど、中でも僕が素敵だなと思ったのは、やっぱり「支えてくれる強さ」。年齢は10代ですけど、たくましさもありますし、力強い。その力強さっていうのは、恋愛において多分重要なんじゃないかなって思うんですよね。高嶺もそこに惹かれたところがあるので、そこは素敵だなと思います。



竹内:高嶺さんってすごい格好つけるし、すごい俺様キャラで、最初はそれで花がキレちゃったりもするんですけど、でもだんだんと少しずつ見せてくる優しさというか、高嶺さんなりの優しさっていうのがあって。それが、不器用だけど可愛らしいんですよね。私はそこが好きです。


――1話から壁ドンあり、キスシーンありと盛りだくさんですが、好きなシーンは?


高杉:僕は、出会いのお見合いのシーンがすごく好きでしたね。そこから花ちゃんの「あんたのことなんて毛ほどの興味もない」っていうセリフが、何回か出てくるんですけど、そのセリフがすごい好きで。特に2回目に花ちゃんが言う時が格好よかった。なんか“姉御”って言いたくなる感じで。もともと花ちゃんには姉御気質なところがありますけど、力強い意志が感じられて。着物を着ていたこともあって、余計に引っ張られたなとは思っています。



竹内:私も、お見合いのシーンは見どころのひとつだと思っています。高嶺さんを初めて見た時は、もう超格好いいし、キラッキラで「うわぁ」ってなるんですけど、話してみると、そのルックスとは真逆の性格で(笑)。言いたいことは全部言うし、それが全部当たってるし、それで花ちゃんは怒っちゃう。でも、そこからいろいろと物語が始まっていくので、“最初に裏切られる感じ”っていうのが、良かったです。


――高杉さんは、初めて“俺様キャラ”を演じてみていかがでしたか?


高杉:僕の中で「こんなことをしたら(花は)ムカつくんじゃないかな?」というのをたくさんやってみましたけど、どうなんだろう?



竹内:高嶺さん、結構、ムカつきました。表情ひとつとっても(笑)。



高杉:それはうれしい。そういえば現場でも、「今の、腹立つ顔してましたね」なんて言われると、「いただきました」と思いました(笑)。





――高嶺と花のような“年齢差”“身分差”の恋は、障害になりますか?


高杉:どうなんですかね。これまであんまり考えたことはなかったけど、男としては、それくらいの壁は、格好よく飛び越えていきたいところですよね。



竹内:高校生にとって10歳年上って“すごく年上”って感じると思います。身分というのも、そんなに違う人に出会ったことがないので、私個人としては想像しにくいです。ただ、花ちゃんは、高嶺さんだから好きになったし恋愛できたのかなと思います。



高杉:確かに、高嶺は、頭の中は中高生だから(笑)。だから成り立ったのかなっていうのはあるかもしれないですね。


――最後に、視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。


高杉:30分×8話という限られた枠の中で、どれくらい原作に近づけられるか、原作ファンの皆さんにも納得していただけるか、ということも意識しながらやらせていただきました。配信ドラマらしく何度でも見たくなるような、気持ちのいいテンポと素敵なシーンが詰まった作品に仕上がったと思っています。高嶺と花の、息の合った掛け合いを楽しんでいただきたいです。



竹内:せっかくの配信ドラマなので、高嶺と花、ふたりの関係が、可愛らしかったり、愛おしくなって「また見たい!」「何度も見たい!」と思っていただけるようなキャラクター、作品作りができるよう皆で頑張りました。いろいろな表情を見せる花ちゃんにも注目していただき、巻き戻しながら何度も見ていただけたらうれしいです。





■番組情報


『高嶺と花』


<配信開始日>



3月18日(月)0時~(30分×全8話)


<出演>



高杉真宙 竹内愛紗 戸塚純貴 伊藤あさひ 

遠藤健慎 長見玲亜 宮﨑 優 岡田浩暉 品川 徹 他


<原作>



「高嶺と花」(師走ゆき著 花とゆめ(白泉社))


<主題歌>



「LOVE & HOPE」 RUANN (TOY'S FACTORY)



カテゴリ