南果歩、瀬戸内寂聴の「いらんこと言わなきゃいいのに」にタジタジ

南果歩、瀬戸内寂聴の「いらんこと言わなきゃいいのに」にタジタジ

3月15日放送『ダウンタウンなう』





ダウンタウンと坂上忍さんがゲストとお酒の席で赤裸々トークを展開する『ダウンタウンなう』の「本音でハシゴ酒」。3月15日放送はゲストに、南果歩さん、藤井フミヤさんを迎えてお送りしました。


■南果歩が語る、2度の結婚と離婚





女優の南果歩さんは、同郷(兵庫県・尼崎市)で同い年のダウンタウンに2度の結婚と離婚を赤裸々告白。もともと結婚願望がなかったという南さん。最初の旦那さんには「出会ってすぐプロポーズされた」そうで「とりあえず、会うときは必ず花束(を渡された)」と語り、一同を驚かせます。お子さんにも恵まれますが、お子さんが5歳のときに「人生最大の決断。子どもが仲のいい両親を見られないのであれば、私が幸せな姿を見せてあげたほうがいいなと思って」と離婚したのだそう。



2度目の結婚は、共演がきっかけ。「今回は添い遂げよう」と思っていたものの、いろいろあって昨年離婚。南さんは、週刊誌の報道で事態を知ったと明かします。その際、雑誌の発売日前に記事が出ることを知らされたそうで、松本さんが「あれ、イヤですよね。マネジャーが神妙な顔して『ちょっといいですか?』って来る、あの感じ」と言い出し、浜田さんも大声で「『ドキィィ』っとするよな」と同調し、一同大笑い。



報道が出たことで「怒ったんですか?」と聞かれた南さんは「ううん、怒らない。怒れない」、「もうね、“無”。怒りとか、悲しみとか、涙もない。もう、“無”」と語ります。これを受け、今回の番組の飲み仲間・山﨑夕貴アナが「(自分の場合も)週刊誌が教えてくれちゃった」と自身の経験を語りだし「きつかったです」、「(次に浮気が発覚したら)2回目はもうないですね。乗り越えられないです、私が」と実感のこもった一言。



また今回は、南さんが長年さまざまな相談をしているという瀬戸内寂聴さんがVTRに登場し、南さんの当時の様子を明かしました。最初の結婚については「(旦那さんが)芥川賞を獲ってすぐにアメリカに行ったでしょ。『行かない方がいいんじゃないかな』と、そのとき不吉な予感がしたの。そしたらそれが当たった」、「アメリカに行かなかったら、もうちょっと続いたかもしれない」。2度目の結婚については「役者としての彼を好きになったのかもしれない。男は、やっぱり男として好きになられたいでしょ。そこは果歩さんが勘違いしてるんじゃないかな」、「いちいち(出演作などの)感想を言うらしい。『言うことが彼のためになってる』っていう言い方をする。私、それはうるさかったんじゃないかと思う(笑)」とバッサリ。これにはみな手を叩いて大笑い。



さらに寂聴さんは「芸術家っていうのはね、変なものでね。褒めてくれるのはうれしいんだけどね。放っといてほしいところもあるでしょ。『いらんこと言わなきゃいいのに』と思って聞いてた」と続けました。これを聞いた南さんは「ダメ出し、イヤ?」と男性陣に尋ね始め、「『これ、こうした方がいいんじゃない?』とか(言ってた)」と振り返ります。



これに松本さんは「役者さん同士の夫婦なので、やっぱりちょっとうるさいかもわからないですよ」、坂上さんも「同業者で付き合って、自分から聞いたときは答えや意見がほしいとき。聞いてないのに言われたら『的を射てるかもしれないけど、聞いてないじゃん』っていう勝手さはあると思う」と反応し、南さんは「勉強になる~」と声を上げました。



最後は、現在アメリカで暮らす画家の息子さんから感動的なお手紙が。坂上さんが朗読し終えると、ニッコリ笑顔の南さんに、松本さんが「いやいや、今泣くとこでしょ」と全員の気持ちを代弁し、思わず吹き出した南さん。坂上さんが「今、涙待ちです」と続き、困った南さんは「目薬(ちょうだい)!」と見事に切り返し大笑いが起こりました。





次回3月22日放送の『ダウンタウンなう』は、五木ひろしさんプレゼンツで、ゲストに、ニトリ会長の似鳥昭雄さん、福田こうへいさんを迎えてお届けします!


■番組情報


『ダウンタウンなう』


<放送>



3月15日(金)21時55分~22時52分


<出演>



【MC】



ダウンタウン(浜田雅功 松本人志)


【お店案内人】



坂上忍


【飲み仲間】



山﨑夕貴(フジテレビアナウンサー)


【ゲスト】



南果歩

藤井フミヤ



カテゴリ