自らチャンスを逃してない?本命になれない女性の口癖

自らチャンスを逃してない?本命になれない女性の口癖

誰と付き合っても気がつけばセカンドで、本命にしてもらえなかった…。そんな辛い思いをしてる人は意外と多いんじゃないでしょうか?


こちらから好きになった彼ならまだしも、相手から告白してきたのに、本命でなかったなんて最悪ですよね。


いつもセカンドになってしまう人はどこかでチャンスを逃す言動してしまってるのかも。


そこで今回は、本命になれない女性の口癖について注目していきます。



あなたの好きにすればいい


なにかあるとすぐ「あなたの好きにすればいい」と言う女性がいます。しかし、この口癖は要注意です。


彼も、深く会話することができなくなりますし、これ以上話しても無駄と思ってしまうでしょう。


結局、彼は自分の好きにするかもしれませんが、理解して喜んでくれる人もいなければ、あなたとの関係もなんとなくこじれてしまいます。


彼はあなたと相談したいのかもしれません。そんな時に「あなたの好きにすればいい」という言葉は2人の関係を遮断するような言葉で、これ以上の会話は続きません。


こんな時に、相談に乗ってくれる女性が現れたら、必然的にあなたは本命からセカンドへ降格になってしまうでしょう。


色々嫌な気分にさせてごめんね


口喧嘩をするとすぐ、喧嘩をしたくないとばかりに、自分が悪くなくても、とりあえず事なかれ主義者で自分から謝って仲直りする人がいます。


もともと他人同士の男女のカップルなので、考えも価値観も違うのが当たり前。付き合ってるうちにぶつかることもあるでしょう。


だからこそ、喧嘩してお互いの気持ちをすり合わせる作業は必要です。ですが、喧嘩を避けてばかりいるとお互いの関係はなかなか深まっていきません。


当然、彼もあなたとは表面的な付き合いとなり、そのうち別の心を通わせる女性が見つかれば心変わりしてしまうのは避けられません。


あなたがいないと私は生きていけない


「あなたがいないと私は生きていけない」と言われれば、男性冥利に尽きると思う人もいますが、男性の多くは重い言葉として捉えることがほとんど。


お互いを支え合う事は大切なことではありますが、「生きていけない」とまで言われると、この女性に深入りすると面倒なことになるかもと不安になってしまいます。


いまどきの男性はしっかりと自立した女性を好みます。できればお互い切磋琢磨して行動していきたい。なのに「あなたがいないと生きていけない」イコール依存に感じられて敬遠されてしまいます。それが本命になるのを逃しているのかもしれません。


まとめ


良かれと思った発言や態度が、実はあなたを本命から遠ざけているということがあります。


思ってもないことで関係が崩れる可能性もあるので、言動を見直すことでまた新しい関係が始まるかもしれませんよ。


(如月柊/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ