斎藤工、ロシア初訪問で感激 映画の裏側をスマホ撮影で番組化

斎藤工、ロシア初訪問で感激 映画の裏側をスマホ撮影で番組化

 俳優の斎藤工が23日、都内で行われた日露合作映画『ソローキンの見た桜』公開記念舞台あいさつに登壇。同作の撮影で今回、初めてロシアを訪れたそうで「実は(ロシア訪問で感じた)印象をひとつの番組にしてしまいました。本日放送になると思います」と明かした。



【写真】主演・阿部桃子は桜色の着物姿で登壇



 その番組というのが、斎藤がスマートフォンを使って同作の裏側を撮影し、松江哲明氏が構成と演出を手がけたBS日テレの特別番組『ソローキンの見た桜 撮影記録 斎藤工のまなざし』(後4:30~5:00)。「こんなチャンスはないと思って、ロシアの映画作りというものを、街並みを含めて撮影しました。言葉じゃない切り取り方をさせてもらうほど、すばらしい魔法にかかったような景色をたくさん見させてもらいました」と喜びをかみしめるように話していた。



 同映画は、日露戦争時代、愛媛県松山市に全国で初めてできたロシア兵捕虜収容所が舞台。運命的に出会った日本人看護師とロシア将校の2人を中心に、歴史に翻ろうされた人々が、史実に基づき描かれている。



 舞台あいさつにはそのほか、主演の阿部純子、イッセー尾形、ロデオン・ガリュチェンコ、アレクサンドル・ドモガロフ、イワン・グロモフ、アンドレイ・デインチェフ、井上雅貴監督、井上イリーナプロデューサーも登壇した。
カテゴリ