実は脈なしじゃない!男子の塩対応のホンネ

実は脈なしじゃない!男子の塩対応のホンネ

「みんなで集まっていても、私の話だけ聞いてくれない……。」「LINEの返信がそっけなくて悲しい」ーー意中の彼からこんな塩対応をされた人、意外と多いのではないでしょうか。


でも、これだけで「彼は私のことが嫌いなんだ」と落ち込むのはまだ早い!


今回は、女子に塩対応してしまう男性の本音を聞いてきました。心当たりのある女子のみなさん、早速チェックしていきましょう。



周囲のひやかしや反応が恥ずかしいから


「気になる女子ほど塩対応してしまうのは男子のあるある。それはズバリ“恥ずかしい”からです。周囲から変にひやかされたり、くっつけようとされたりしてうまく行かなくなるのだけは避けたい」(26歳/営業職)


男子の意見で多く聞かれたのが「恥ずかしいから」という理由でした。


周囲からひやかされると「この恋は失敗してしまうのではないか」と懸念する男子は多いみたい。


周囲の目がないところで、女子側からアプローチしてみるのもひとつの手段です。ひやかしや周囲の反応がなければ、彼もあなたに優しくしてくれるかも。


気になる存在になりたいから


「LINEの返事が遅いとか、そっけないのは女子に気にかけて欲しいからです!LINEのラリーが早いと、『この人がっついてるな』って思われちゃいそうでしょ?そっけないのは『大丈夫?元気ないのかな?』って思って欲しいから。でも、本当に興味がない場合もあるので、見極めは大切です」(27歳/SE)


LINEで塩対応してくる男子の心理は、「女子に気にかけて欲しいから」という理由でした。


確かに、返事が早いと嬉しいですが、中には「レスポンス早すぎて疲れる」と思うこともありますよね。


男子のホンネは実に繊細。女子のみなさん、分かってあげてください。


ズバリ好きだから塩対応なんです


「大勢の前だとたくさん話しかけられるけど、2人きりになると途端に無口っていう男子がいたら、高確率でその子のことが好きなんだと思います。照れくさいっていうのもあるし、会話でボロが出たら嫌だなっていうチキンな気持ちもある(笑)」(27歳/美容師)


みんなの前だと態度は普通なのに、2人きりになると塩対応!そんな男子の心理は、ズバリ「女子のことが好きだから」なのだそう。


塩対応に悩む前に、このパターンでは彼が脈ありか脈なしかのひとつの判断材料になりそうですね。


塩対応で心を痛めている女子のみなさん、もしかして当てはまるのでは……?


塩対応だからって、その恋を諦めるのはまだ早い!


男子の塩対応には、とても複雑な男子の心理が絡んでいることが分かりました。


不器用な男子こそ、好きな女子に対しては変な態度を取ってしまうもの。


塩対応だからって彼との関係を諦めず、一度じっくりと見極めてみるのもありかもしれません。


(愛カツ編集部)



カテゴリ