年下彼氏と長続き♡カップルがしてる幸せの秘訣

年下彼氏と長続き♡カップルがしてる幸せの秘訣

お姉さんのような彼女でいられる、年下彼氏クンとのお付き合い。世の中の数でいうと、同い年同士や年上彼氏というほうが、どちらかといえば多いかもしれません。


でも、年上彼女×年下彼氏の場合でも、幸せが長続きしているカップルはたくさんいます。


長続きの秘訣は、どんなところにあるのでしょう?



自分でできることも上手に頼る


年齢差がどれだけあったとしても、男と女には変わりありません。彼女として、彼氏に頼るというのは大切なことです。


男として頼りにされれば、彼氏は自尊心を保てるもの。年上彼女から頼りにされたら尚更です。


歳を重ねている分、自分でできることも多いかもしれませんが、「自分ができる」ではなく「彼にもできる」という目線で頼ってみて!


重いものを運んでもらう、ちょっとした家具の組み立てなど、「○○してくれたら嬉しい」「この前頼んだ○○、またお願いできる?」など、簡単なものからお願いしてみましょう。


「ダメ!」ではなく「お願い」口調


年上の場合、「もっとちゃんとして」と思う場面も多いかもしれません。


たとえば、睡眠時間、お酒の量、健康的な食生活など。そんなときは、しっかり自己管理できる、大人の男になってもらえるよう、「お願い」という形で話してみましょう。


「○○しないとダメ!」という否定から入る話し方だと、お説教になりがちです。「○○するといいことがあるよ」「○○くんが〇〇だと嬉しいな」など、提案の形でお願いしてみましょう。


ひとりの時間を有意義に使う


長続きするカップルすべてに共通していることですが、「時間の使い方」は、とても大切な要素。言い換えれば、お互いの「距離感」といえるかもしれません。


年上彼女×年下彼氏のカップルにとっても、ひとりの時間を上手に使えることは、とても大切なことです。


いままで上手に過ごしてきた、「ひとりの時間」のお手本を見せることで、年下彼氏クンに「こういう距離感なら、安心して付き合っていけるよ」と伝えることができます。


自分磨きに時間を充てることができるので、きっと彼にも成長してもらうことができるはずです。


楽しいときは彼よりはしゃぐ


デート中や旅行中。あるいは、ゲームで遊んだり、なにかを体験したり。


そんなときに、年下の彼氏より思いっきりはしゃいで、楽しい笑顔を見せることを意識。普段のお姉さん感も、たしかに魅力的ですが、まるで年下のように思える無邪気さも、ギャップの魅力となります。


なにより、楽しむことにおいて歳の差なんてないんだな、と感じてもらえれば年下彼氏くんも安心するもの。


お互いの絆を深める意味での、後押しにもなるはずです。アミューズメント施設や、遊園地でデートをするときなどは、思いっきりはしゃいでみましょう!


おわりに


どちらが年上であっても年下であっても、付き合う幸せを感じたいという気持ちはどんな立場だって同じです。


いろいろな要素を考えたうえで、お互いの良さが引き立つような付き合い方をしていきましょう。


お互いを尊重し、信頼し合うこと。これこそが、長続きするうえで一番大切なことではないでしょうか?


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ