和牛・水田信二、竹内結子とのトーク番組を熱望 番組名は『結子を信じて』

和牛・水田信二、竹内結子とのトーク番組を熱望 番組名は『結子を信じて』

 お笑いコンビ・和牛の水田信二(38)、川西賢志郎(35)と、霜降り明星の粗品(26)、せいや(26)が26日、都内で行われた大阪チャンネル『新番組配信記念』スペシャルイベントに出席。“やってみたい番組”を聞かれると、女優・竹内結子(38)が好きな水田は『結子を信じて』というタイトルの番組をやりたいと明かし、会場に集まったファン45人の爆笑を誘っていた。



【写真】ファンにプレゼントを渡す水田信二



 “やりたい番組”について、せいやは「憧れの人に会いに行くみたいな番組で、ずっと言っているんですけどアグネス・チャンさんめっちゃ好きなんですよ」と前置き。続けて「アグネス・チャンさんとせいやの『チャンとせいや』をやりたい」と話すとファンも笑顔。続けて水田が『結子を信じて』と言うと、会場の笑いのボルテージも上がり「竹内結子さんが毎回エピソードトークをして、ほんまか嘘か毎回判断する」と番組の説明もしていた。



 さらに、ファンからの質問コーナーで“次の目標”を聞かれた霜降り明星。せいやは「けっこう聞かれるんですけど、目標決める時間もない」と答えると、粗品は「お前、R-1とってへんから」とツッコみ。粗品は、「まったくわからない」とするも「キングオブコントあるじゃないですか。コントしたことないんですけど、あってもええんかな」と目標を掲げた。せいやは「M-1をとらせてもらってからネタを作っていないので、今の状況で新ネタを作りたい」と話していた。



 続けて、“最近幸せなこと、笑ったこと”を聞かれると、せいやは「東京は楽しい収録が多い。『VS嵐』とか、セットがカラフルすぎてこの世の全部の色を使っている。関西では発明されてない色とかあって」と感動。さらに「CMとかで見てたこじるり(小島瑠璃子)さんと、ペアでディフェンスとか。そんなないじゃないですか」と喜びを語ると、水田からは「エピソード細かすぎや」とツッコまれていた。



 和牛は、同チャンネル内で『和牛のじゅうじゅう部屋』を2月から放送しており、10分10秒(じゅうじゅう)で、最近の和牛の事情などを自由にトークするなど、普段はきけない本音の話がノーカットで放送される。霜降り明星は、2月28日から『霜降り明星のおうちでギャラハンティング』で同期や後輩芸人の家を訪ね、現金3万円を賭けたお宝探しゲームを行うバラエティー番組を持っている。
カテゴリ