3つの「プチ祝い」で彼にますます愛される方法

3つの「プチ祝い」で彼にますます愛される方法

付き合い始めはラブラブのカップルも、時間が過ぎるとだんだんその愛も冷めてしまうもの。


それでも、この人!と思う彼とは、長く付き合いたいですし、将来共に歩んでいけたら……と思っている人も多いはず。


そこで今回は、大好きな彼に向けてあなたがコーディネートする“3つのプチ祝い”をご紹介します。


彼をますますゾッコンにさせたい、ずっと愛されたい!なんて方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。



1、彼の成長が嬉しい!「○○達成のお祝い」


日々の努力の積み重ねってとっても大事だけど、続けることはけっこうしんどいもの。


仕事や勉強、スポーツ、趣味など、彼が大事にしていることがあれば、きっと私たちが知らない努力があるはずです。


そんなことが成果としてあらわれたときには、見逃さずにイベントとしてお祝いしてはいかかですか。


「空手を小学生から始めて10年です。先日やっと昇段試験で黒帯になりました」 (20代/学生)


こんな彼には、「頑張ったね、空手10年のお祝い」を勝手に作ってお祝いしちゃいましょう!


「会社の上司とゴルフに行ったら、初めてイーグルがとれた。嬉しかったけど、上司の手前、ほどほどに喜ぶしかなかった」 (30代/会社員)


この彼は、本当はとっても嬉しかったと思います。だから「初めてのイーグルのおめでとう」を今度こそ大きな声でお祝いしちゃいましょう。


「入社して、こんなに営業ノルマがキツいと思ってなかった。半年して、やっと達成。ひとまず安心した」 (20代/営業)


この場合は「ノルマ達成おめでとう!のお祝い」です。こういう喜びを見逃さない子は、彼女として大切にされますよ。


このようにプチ記念日を祝うには、普段からの会話が大切。


彼の会話にしっかり耳を傾けておけば、自然と彼の成長や喜びを見つけられるものです。オリジナルのプチ祝いを演出しましょう。


2、彼のこだわりを大切にしたい!「新しい○○のお祝い」


彼をゾッコンにさせるプチ祝い


少年らしいところを持ち続けている男子って、素敵ですよね。そんな男子の特徴の一つに、こだわりのコレクションや趣味を持つということがあります。


女子から見ると、それは高額だったり、こんなに集めてどうするの?なんて言いたくなるものだったりすることもしばしば……。


それでも、彼の立場で考えてあげられたら、また新しい二人だけのプチ祝いが生まれますよ。


「車大好きなんですよね。新車が出るとつい気になっちゃう。先日やっと自分の納得いくモデルが出て購入しちゃいました」 (30代/医師)


待ってたんでしょうね、自分のこだわりの詰まったモデル。こうなったら、一緒に「愛車購入おめでとう」でプチ祝い。


車が好きな彼、これから何度も買い替えるのかしらなんて思ったりしても、ここは一旦お祝いして新車ドライブを楽しみましょう!


「この春から、行きたかった大学の夜学に行くことになりました。仕事と両立できるか、ちょっと不安だけど、頑張ります」 (30代/会計事務所勤務)


頑張りやさんですよね、偉いッ!こんな彼の決意を「新しい自分スタートのお祝い」として応援すると同時に喜びを分かち合いましょう。


いつか彼の夢が叶ったとき、お祝いしたことは2人の大切な思い出になっていることでしょう。


「なかなか取れないコンサートのチケット、今回当たって行ってきました!もう最高でした」 (20代/アパレル勤務)


コンサート、私は連れて行ってくれなかったけど、ずっと行きたかったんだよね……と思う女子は、彼に愛される確率、高いはず!


さあ、後日「チケット当選おめでとうのお祝い」をして、コンサートの感想をたっぷり聞いてあげてください。


彼の喜びを自分の喜びにできる女子なら、この手のお祝いはお手の物。


そんなプチ祝いに、豪華な品物や、手の込んだお料理はなくても構いません。あなたの心のこもった笑顔と言葉が、なによりのプレゼントだからです。


3、男子だからこそ、たまには甘えたい!「頑張らないあなたのお祝い」


いつもデートをセッティングしてくれて、いろんなところに連れて行ってくれるし、盛り上げてくれる。そんな彼がいる女子は幸せ者です。


でも、たまにはこちらにすべて任せてもらって、彼にゆっくり甘えてもらう日をつくりませんか?


「仕事が忙しい時期、すごく疲れていて、彼女に連絡する余裕もなかった。区切りがついて、久しぶりに会えます」 (40代/会社員)


察して待っていた女子なら、ゆっくりねぎらってあげたいですよね。


ここは「頑張らないあなたのお祝い」として、デートの全権を預けてもらいましょう。もちろん、彼を甘えさせてあげることが、メインです。


「お仕事終わってよかったね、おめでとう!」などの言葉と共に、彼の頭をなでなで。ここまでできたら立派な愛され女子確定ッ!彼もクセになりそうなお祝いです。


「卒業論文を仕上げるのに必死で、しばらくの間、研究室に缶詰めの日々だった」(20代/学生)


こんな彼には「無理しないあなたのお祝い」をコーディネートしてみませんか。


卒論完成をねぎらいつつ、「あなたの体が心配だった」「終わってよかった」という気持ちを伝えて、その日だけは心も体も無理しないでゆっくりしてもらうのです。


社会でうまく渡っていくには、上手な休息も必要です。「無理しないあなたのお祝い」は大人の男子になった彼のお祝いでもあるのです。


共に分かち合える彼女になろう


さて、愛され女子がやっている「彼をゾッコンにさせる」3つのプチ祝いをご紹介しました。


日常の小さなことでも、二人で共有するのは大事なことですね。どんなことでも、共に分かち合うことで、絆が深まって固いものとなるのです。


共に分かち合える彼女は、彼の特別な存在となっていきます。オリジナルのプチお祝いを一緒に楽しんで、彼にますます愛されちゃいましょう。


(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ