彼をその気にさせる!男性の「スイッチを入れる」コツ

彼をその気にさせる!男性の「スイッチを入れる」コツ

気になっている男性に思いを告げることができないのなら、まずは意識をさせるようにするといいでしょう。


上手に揺さぶって、その気にさせることができれば、男性の方から追いかけてくれるようにもなるかも。


そこで今回は、気になる男性の「スイッチを入れる」コツを紹介します。



「付かず離れず」を意識する


手に入りそうで入らないとか、届きそうで届かないといった状況こそ、男性は最もスイッチが入りやすいものです。


なんとなく好意は感じるけれど、積極的に距離を縮めてきたりするわけでもない女性のことは、男性もどんどん気になってくるはず。


ですので、必死に好きアピールをしまくるよりも、付かず離れずの絶妙な距離感を保つことを心がけると、男心を揺さぶることもできるでしょう。


いきなりアプローチを仕掛けるというよりも、話しかけたり、近づいたり、ちょっと頼ったりといった行動を取って、まずは親密さを生み出してみるといいかもしれませんね。


「あー楽しい」と連呼する


気になる男性と会話をしたり食事をしたりしているときには、「楽しい」ということを伝えることが大事。


自分との時間を楽しんでくれる女性には好感を持ちますし、「もしかして脈アリかも」と感じたりもするものです。


「あー、楽しい」とか「おもしろすぎる」「笑いすぎてお腹痛い」なんてセリフをさりげなくつぶやいてあげると、男性は相当喜んでくれるはず。


「もっと笑わせたい」とか「また一緒に話したい」といった気持ちも湧き起こってくるので、どんどんあなたにハマっていくことでしょう。


カップル飲み


「いないからつまらなかった」と言う


「昨日の飲み会、○○さんがいなかったからつまらなかったですよ」なんて女性から言われたら、確実に男性はドキッとするでしょう。


「俺のこと好きなの?」と感じ始めるキッカケにもなるので、男性もその気になったりしやすいかも。


「いないとつまらない」とか「いてくれないと寂しい」というのは、自分の存在価値を感じさせてくれるので、ものすごく男心をくすぐられます。


気になる男性と会えなかったときこそ、その「会えない寂しさ」を伝える大きなチャンスなので逃さないようにしてくださいね。


「周囲の人」に褒め言葉を伝える


気になる男性の周囲の人たちに、その男性への褒め言葉を伝えるというのは有効手段のひとつ。


他の人から自分のことを褒めていたと聞いた方が、直接褒められるよりも心に響いたりするものです。


「○○ちゃんが素敵だって言ってたよ」なんて聞いたら、その女性のことを急に気になり始める可能性は大。


恥ずかしくて面と向かって褒めたりはできない場合も、友人や同僚などに伝えるようにすると、お互いに意識し合う状況になれたりしますよ。


女性チラリ


おわりに


ちょっとした行動ひとつで、男性のスイッチを入れることができたりもするもの。


まずは上手にスイッチを入れることが、ふたりの関係性を発展させるカギも握っているでしょう。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ