可愛いなぁ♡絶世の美女ではないのに夢中になる彼女

可愛いなぁ♡絶世の美女ではないのに夢中になる彼女

美人でスタイルもよければ、多くの男子の目を惹くことも可能です。


しかし、交際後も熱烈に愛されるかと言ったら、必ずしもそうとは限りません。


交際も落ち着けば、徐々に外見よりも内面が大切になってくる時期。外見は絶世の美女ではなくとも、男心をがっちり掴むような人ならば、彼だって夢中になってしまいます。


そこで今回は、絶世の美女ではないけれど、彼を夢中にする彼女の特徴をご紹介します。



ほどよく気分屋&優柔不断


従順な女子よりも、翻弄する女子の方が彼氏を夢中にさせやすいです。


彼のことが大好きだと、頭では“尽くしちゃダメ”とわかりつつも尽くしてしまったり、彼の言うことになんでも応えてしまったりと、一途で従順になってしまう女子も多いでしょう。


けれど、これじゃ彼は夢中になりません。これでは夢中になっているのは彼ではなく、あなたです。


彼を振り回すのはよろしくないですが、ほどよく気分屋で、やや優柔不断くらいの方が、彼もあなたのことを考える時間が多くなり夢中になります。


従順すぎると不安要素がないので、彼も彼女のことを考える時間が少ないですよ。


彼の言動を無駄に深読みしない


彼の言動をいちいち深読みして、ネガティブなことを言い出す彼女は、結構きついもの……。


彼氏を夢中にさせる彼女は、往々にして、さっぱりした性格の持ち主で、いちいち彼の言動を深読みしないタイプです。


まぁ、こればっかりは元からの性格もあると思うので、直そうと思っても難しいとは思いますが、あなたが思っているほど彼は怪しいことはしてないかと。


『残業と言いつつ本当は飲み会なんじゃ』『風邪だから寝るって言ったけど、本当はこれから誰かと会う予定があるから前もって連絡したのでは』など、証拠がない時点で彼を疑ってもいいことはありません。


疑う彼女よりも、疑わない彼女の方が彼は夢中になりますって。


可愛く甘えることができる


甘え方にも色々あります。すぐに拗ねたり機嫌が悪くなったりするネガティブ系の甘え方もあれば、「会いたいの!今すぐ家に来て!」と夜中に緊急招集をかける自己チュー的な甘え方、面倒なことは彼に押しつける他力的な甘え方など、どれも嫌われる原因です。


彼がハマってしまう甘え方は、可愛い甘え方です。例えば、恥ずかしそうに「手つなぎたい……。」「キスして」とおねだりしたり、彼の体にピタッと寄り添ったり。


何でも甘えればいいというものではなく、甘え方が大切です。


彼の心をがっつり掴む!


二人の関係を長続きさせるためには、彼が望む距離感よりも、ちょっと遠くにいることもポイントです。


彼があなたを追っている状態にしないと、夢中になりにくいものです。


仮に美人じゃなくても、彼の心を揺さぶりながら掴めば、彼もあなたに夢中です。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ