講談社、自著を投函応募する漫画部門賞創設 初の試みでジャンル不問

講談社、自著を投函応募する漫画部門賞創設 初の試みでジャンル不問

 講談社の漫画誌『週刊少年マガジン』と『モーニング』が合同で実施する、絵が描けなくても応募できる新人漫画賞『漫画脚本大賞』に、『そのままコミカライズポスト』部門が新設された。



【画像】新部門賞の応募要項



 同部門は、自身の著書をそのまま投函するだけで応募できる史上初の試み。一般文芸・ラノベ・ノンフィクションなどジャンルは不問ですべての出版済み著書を応募できるが、他薦は禁止となっている。



 受賞作品はコミカライズされ『週刊少年マガジン』『別冊少年マガジン』『マガジンポケット』『モーニング』などで連載されることが確約されている。



 応募に必要なものは、自著とプロフィールの2点のみ。応募段階では著書の出版社、担当編集に許諾を取る必要がなく、受賞作品以外の応募情報は一切非公開、コミカライズの権利を講談社が独占することもない。



 郵送とWEBで応募が可能で、締切は30日まで(当日消印有効)。結果発売は7月10日に公式WEBページなどで発表される。
カテゴリ