天才放射線技師には秘密も?視えない病をつかみ撮れ…縁の下のヒーロー誕生!!

天才放射線技師には秘密も?視えない病をつかみ撮れ…縁の下のヒーロー誕生!!

4月8日(月)21時~『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第1話





ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第1話完全版


五十嵐唯織(窪田正孝)は、「写真には必ず真実が映る」と信じている放射線技師。アメリカで最も権威ある放射線科医からその才能を認められた唯織は、帰国後、ずっと思いを寄せている幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。

22年前、杏は、父親の跡を継いで医者になる夢を唯織に話していた。そのとき杏は、病気を見つけるにはカメラマンが必要だから、世界一のカメラマンになってお手伝いをして、と唯織に告げていた。








初出勤の日、唯織はバスで甘春総合病院へと向かう。同じバスには、唯織とともに採用された新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)の姿もあった。その途中、バス運転手・天野(春海四方)のわずかな異変に気づいた唯織は、救急車を呼ぶよう乗客に呼びかける。唯織は、駆けつけた救急隊員に、血管造影ができる病院へ搬送するよう指示する。

天野は甘春総合病院に搬送された。受け入れたのは救急担当の整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)だ。だが、天野は自力で立てるほど元気で……。

甘春総合病院の放射線科は、科長兼診療部長の鏑木安富(浅野和之)のもと、ギャンブル好きの技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)、男勝りな独身女子・黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)が放射線技師として働いている。彼らの間では、唯織が病院長・大森渚(和久井映見)の隠し子ではないか、という噂も広まっていた。








唯織は、バスの一件で遅刻しながらも、遂に杏と再会を果たす。ところが杏は、唯織のことなどまったく覚えていなかった。大きなショックを受ける唯織。

そんな折、前夜、唯織が河川敷で出会い、親しくなった菊島亨(イッセー尾形)が甘春総合病院に搬送されてくる。実は菊島は世界的な写真家だった。小野寺たちは、頭痛を訴える菊島のMRI検査を行った。しかし、その画像は、左上が黒く抜けて欠損していた。原因は、金属アーチファクト――奥歯に詰められた銀歯と、金属製の脳動脈瘤クリップだった。菊島は、以前、脳動脈瘤の手術を受けていた。また、銀歯は、海外渡航先で入れられた粗悪なものだった。しかも菊島には造影剤アレルギーがあるため、血管造影検査も出来ない状況だった。

同じころ、ナースステーションには菊島の娘・由美(森矢カンナ)の姿があった。が、由美は、入院手続きに来ただけだと言って何故か菊島との面会を拒む。

病室に戻った菊島は、唯織にボリビアのウユニ塩湖で撮った写真を見せる。菊島は、学生の頃にフランスの作家・サン=テグジュペリの『星の王子さま』に出てくる、「大切なものは目に見えない」という言葉に感銘を受け、それ以来、“見えない星”を追い求めてきたという。毎年、ボリビアのウユニ塩湖を訪れ、現地の人たちと同じ生活を送りながら星空の写真を撮り続けてきた菊島だったが、8年前に妻が倒れたときも現地にいたため、帰国したのは妻が亡くなり、葬儀もすべて終えた後だった。そのことが原因で、娘の由美からひどく恨まれているらしい。菊島は、妻の命日に写真集を出すつもりでいたが、未完成なのだという。その写真集を見て何かに気づいた唯織は、ふいに「あなたを撮らせてください」と言い出す。





唯織は、菊島の検査をやらせてほしい、と杏に訴えた。しかし杏は、その件は軒下に任せたのだから、技師は医者の指示に従ってマニュアル通りに検査を行ってくれればいいと言われてしまう。

唯織を院長室に呼んだ渚は、「あなたはあなたの思う通りにやればいい。ただし、クビにならない程度にね」と助言する。その際、渚が取り出した湿布薬の説明図に目を止めた唯織は、慌てて部屋を飛び出す。

鏑木は、裏で手を回し、菊島を転院させることにする。このまま原因不明で手遅れになればマスコミの餌食になる可能性もあるからだった。

ところがその矢先、菊島の容体が急変し、昏睡状態に陥ってしまう。婚約者とウェディングドレスを選んでいた由美も知らせを受け、病院へと駆けつけていた。
菊島の担当医・藤堂(岩崎う大)は、脳動脈瘤の再破裂した可能性に触れ、以前菊島の手術を行った大学病院へ転院させようとした。しかし杏はそれに強く反対し、自らが責任を負う形で、造影剤を使った血管造影検査を行うと言い出す。

唯織は、小野寺たちの協力で、こっそり菊島のMRI検査をしていた。それを知り、唯織にクビを言い渡す鏑木。唯織の狙いは、MRI検査で診断用に使われる強度画像と、その過程で付随してできるもので、普段は捨てられている位相画像を組み合わせて、欠損部分を浮かび上がらせようというものだった。唯織は、院長室で見た湿布薬の裏面のシートからその発想を得たのだ。





血管造影検査の準備が進むなか、必死に画像の修復を続けた唯織は、やがてある事実を突き止める。菊島の頭痛は、脳動脈瘤の再破裂などではなく、ウェステルマン肺吸虫という寄生虫によるものだった。ボリビアで現地の人々と同じ生活を送っていた菊島は、淡水産のカニを生で食べたために感染した可能性が高かった。

菊島が投薬治療だけで治ると知った由美は、彼に会わずに帰ろうとした。唯織は、そんな由美に、菊島の写真集を見せる。最後のページにはウユニ塩湖の満点の星空が写っていた。実はその写真は、目に見えない被写体にピントが合っていた。そこで、写真集に挟まっていた1枚の古びた結婚写真を見せる唯織。それは、菊島が妻と結婚したときのものだった。由美が生まれた時、菊島は妻と約束していた。由美が大きくなって大切な誰かを見つけた時は、ここで写真を撮ってあげよう、と――。

数日後、菊島は無事退院の日を迎える。菊島が病院を出ようとすると、そこには由美の姿があった。

裕乃は、バス運転手の天野と辻村が話しているのを聞く。天野は、脳梗塞になりかけていたが、的確な治療のおかげで助かっていた。

菊島の写真集が、世界40ヵ国で発売されることになり、彼を支えた医師として鏑木の名前が新聞に掲載される。渚は、得意げな鏑木に、唯織の画像がひと役買ったのだから彼の処分は大目に見るよう促した。

唯織は、菊島から送られた写真集を見ていた。最後のページは、ウユニ塩湖の星に囲まれた、由美の結婚写真に差し替えられていた。

渚は、唯織に処分はなしになったと伝える。そこで渚は、医師免許を持ち、アメリカの権威ピレス教授からも帰国を惜しまれた唯織が、何故医師ではなく放射線技師の道を選んだのか、と尋ねた。すると唯織は、約束した、と返し……。


番組情報


『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』


<放送日時>


4月8日(月) 21時00分~22時24分


<出演者>


窪田正孝
本田 翼

広瀬アリス
浜野謙太
丸山智己
矢野聖人
山口紗弥加
  ・
遠藤憲一

鈴木伸之
浅野和之
  ・
和久井映見


カテゴリ