キンプリ髙橋海人も興奮!“噂の黒猫”を追跡&4万匹の猫を救った1人の女性

キンプリ髙橋海人も興奮!“噂の黒猫”を追跡&4万匹の猫を救った1人の女性

4月12日(金)19時~21時55分『坂上どうぶつ王国3時間SP』




夢二が描いた黒猫とそっくりと驚く髙橋海人


12日(金)に放送される3時間スペシャルでは、King & Princeの髙橋海人が“ウワサの動物”がいると聞いて岡山へ。それは、なんと“絵から飛び出してきた猫”だという。一体、どういうことなのか…。髙橋も「どういうこと?」といぶかしがりながら現場へ。さっそく噂の猫と対面するも、現れたのは一見ごく普通の黒猫の黑の助(くろのすけ)。この猫のどこが“絵から飛び出してきた猫”なのか?

実は黑の助が暮らしているのは、美人画の巨匠・竹久夢二(1884-1934)の「夢二郷土美術館」。夢二といえば作品に黒猫が描かれていて、ゴールドの目と真っ黒な肉球が特徴的なのだが、なんと…黑の助も、同様にゴールドの目と真っ黒の肉球を持っており、夢二が描いた黒猫と完全に一致しているのだ。絵と黑の助を比べてみた髙橋は、「めちゃくちゃそっくりだ!」とビックリ!

黑の助は2016年、美術館の目の前の交差点で車にひかれそうになったところをスタッフに助けられ、美術館に住み着いたという。それだけでも縁があるが、実はその年は、美術館にとってある記念すべき年だったため、そこからさらに黑の助と夢二の縁が続いていき…。まさに“夢二の黒猫”といえる黑の助とは、どんな猫なのか?


坂上らはアメリカへ 吉川ひなのと共に飼育放棄された猫たちの楽園を作った女性から学ぶ





一方、今回のスペシャルでは、坂上忍と片平なぎさが海外ロケに。訪れたのはアメリカ・カリフォルニア州のフレズノ。そこでロサンゼルスに移住した吉川ひなのと合流し、およそ東京ドーム1個分の土地に、子猫も合わせると800匹が暮らしている猫専用の保護施設を視察する。この保護施設では、世界8ヵ国から飼育放棄された猫を保護し、これまでに3万8000匹をも救っているというが、この施設を作ったのはたった1人の女性。彼女はどのようにこの施設を作り上げたのか?坂上は、自身が目指す理想の王国作りに向けて学ぶ。そんな中、坂上の王国作りにある大トラブルが発生する。また、動物保護活動に取り組む滝川クリステルらの報告も紹介する。





番組情報


『坂上どうぶつ王国3時間SP』


<放送日時>


4月12日(金)19時~21時55分 ※一部地域では放送時間が異なります。


<出演者>


【MC】
坂上 忍
【SPレギュラー】
片平なぎさ
【レギュラー】
サンドウィッチマン
くっきー(野性爆弾)
髙橋海人(King & Prince)
堀田真由

【スタジオゲスト】
滝川クリステル
本田 翼
本田望結
本田紗来

カテゴリ