BOYS AND MEN 研究生、即完の東京公演に感無量「限界値を超えていくのが伝わってくる」

BOYS AND MEN 研究生、即完の東京公演に感無量「限界値を超えていくのが伝わってくる」

 東海エリアを中心に活躍する男性エンターテイメントグループBOYS AND MEN “ボイメン”の弟分グループBOYS AND MEN 研究生=“BMK”が5日、東名阪ツアー『BMK GAKEPPUCHI TOUR 2019』の東京・下北沢『Garden』公演を行った。



【ライブ写真】メンバー完全燃焼! BMK東京公演の模様



 半年前にも同じ場所でライブを行ったが、今回はチケットが即完。瞬く間にファンを増やしていることに驚くが、オープニングからエンディングまで終始パワーに溢れたエネルギッシュなステージで、人気の理由も納得できるというものだ。



 オープニングナンバーは、このツアータイトルにも起用している新曲「がけっぷち純情」。続いて「Fight&Fire」、「ロックスター番長」、「ドドンコDon’t worry」、「バッシャーン!」と、のれる楽曲を畳み掛けていく。メンバーも「曲が終わるたびにみんなの限界値を超えていくのが伝わってくる。東京、下北での単独ライブは、昨年10月の『BMKライブ~騒げ!お江戸の陣~』以来半年ぶり。今回は新曲のタイトルをモチーフにしたライブができて本当に光栄です!」(松岡拳紀介)、「いつか思い出した時、あのライブ楽しかったな、と思えるようなライブにします」(北川せつら)と、みな感無量の様子。



 MCが終わると、和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生としてコラボした昨年の楽曲、「愛を頑張って」。そこでも会場は沸き、さらに一つになって合唱し熱狂した後は、初披露のストライプのセットアップに衣装チェンジ。「ウィシュハピ~I wish you hapiness~」ではキュートでコミカルに、「Sing Along」ではセクシーなパフォーマンスを見せ、エネルギッシュから一転、したしっとりした一面も垣間みせた。



 東名阪ツアーは、東京のこの日で2公演目。“BMK”として確立したパフォーマンスを改めて見せつけ、観客の期待にしっかりと応えた。7月13日には『Zepp Nagoya』単独公演が決定するなど、活動の規模も確実に拡大している。アンコールのラストは再び「がけっぷち純情」。“がけっぷち”で始まり“がけっぷち”でしめる。這い上がり続ける彼らの頂点は、ますます高く輝かしいものとりそうだ。



■BOYS AND MEN 研究生 公式サイト

https://bmk.boysandmen.jp/
カテゴリ