元SKE48・若林倫香「表現者としてより磨きをかけたい」新時代に向け演技の成長誓う

元SKE48・若林倫香「表現者としてより磨きをかけたい」新時代に向け演技の成長誓う

 元SKE48のメンバーで現在は舞台や声優を中心に活動する若林倫香が12日、都内で行われた舞台『降臨Hearts&Soul』記者発表会に出席。「表現者としてより磨きをかけていきたいです」と新しい時代を迎えるにあたって、役者としての成長を誓った。



【ソロショット】キュートにダブルピースの若林倫香



 若林は「お芝居で、人に認められたいというのがあって、世間のみなさんに知ってもらいたい。舞台であったり声優のほうでも、どんな形でもみなさんの前にいっぱい立ちたいです」と意気込んだ。



 舞台とアイドルの違いについては「ひとつの物を作るのは一緒なんですけど、作品ごとに出演者の色が違う。いつもパワーをもらっています」と舞台について分析。自身の成長については「アイドル時代からもステージの上に立つことが好きなので、お客さんの前に立てることはうれしい。去年から声優もやらせていただくようになりましたが、歌もダンスもお芝居も全部に通じると思っているので、出演させていただくごとに成長できていると感じています」と確実なステップアップの実感を振り返っていた。



 今作については「単独主演は初で、プレッシャーもありながら、キャストも活気があるので殺陣の稽古も自分から行く子が多いので、どんな作品になるか今から楽しみです」と意気込んでいた。



 この日は、水城夢子、鶴田葵、橘はるか、山本真夢、若松愛里、沖田桃果、花梨、横尾莉緒、須田理夏子、結城夕夏、長谷川麻由、結城美優、高瀬川すてら、木下桜、岡野里咲、大澤実環、川端美結、小太刀瑞姫、高藤小夏、原田瑛梨佳、平塚あみ、琉河天、三枝百合絵、都筑あやめ、中島明子、山中ゆうこ、川端千音、河井友莉亜、宮ノ尾美友、須貝汐梨、須貝汐梨、みきちゅが登壇した。



 同舞台は、若手女優や女性アイドルで構成された演劇ユニットをプロデュースするアリスインプロジェクトが主催。管理社会にとじ込まれ、数字と記号で呼ばれる名もなき少女たちだが、黒船・オーバーロードによって力を与えられる。誰が敵で、味方か、三つ巴の戦いが描かれる。
カテゴリ