本命男子を「大人の余裕」で虜にさせるコツとは?

本命男子を「大人の余裕」で虜にさせるコツとは?

彼氏ができても長続きしない、それどころかいい雰囲気になるのになかなかお付き合いに進展しない……。と悩む人は少なくありません。


本命男子を見つけたら、キャッチして放したくない!という、“必死感”は、言葉や振る舞いに出てしまうもの。


本命男子を射止めるためには、“必死感”を封印してクールな大人女子になるのがコツです。


今回は、彼に大人の余裕を感じさせる3つのポイントをご紹介します。



1、自分時間を持っている


「急に時間が空いたから食事に誘ったら、スポーツジムに通うと決めている曜日だったみたいで、ごめんなさいと断られた。自分のこと、大事にしてるんだなあと感じた。終わるまで待ってでも会いたいと伝えました」 (40代/自営業)


「海外出張で2週間会えないと言ったら、『寂しいけど、私、英語を勉強して待っているから、いつか一緒に連れて行って』と言われて、余裕のある彼女に、やられたと思った」 (20代/商社勤務)


好きな人ができたら、可能な限り会いたい!誰しも一度は思うことではないでしょうか。


しかし、彼の予定にバッチリ合せていると、都合のいい女子だと思われてしまいます。


だからこそ、彼との時間と同じくらい自分の時間を持つことが大事です。彼がいない間も、夢中になれる趣味や自己啓発に勤しむなど、充実している女子は素敵に映ります。


彼に合せて会おうとしなくても、魅力的にみられるなんて一石二鳥ですね。


2、喧嘩はサラリとかわす、譲ってあげる


「些細なことがきっかけで喧嘩した時、追い打ちをかけるように彼女の性格がキツイと言ってしまった。凄く後悔したけど、後に引けなくなって。でも彼女は『そうかもしれない』と言っていて彼女の方が大人だなと感心した」 (30代/出版社勤務)


「映画を見に行くことになり、見たい映画について意見が合わなかった。結構なジャンル違いだったけれど彼女が譲ってくれた。後日、彼女は見たい映画を友人と見て来たと聞いて、大人な彼女に感謝」 (20代/学生)


付き合っていると、意見がぶつかったり、相手に腹をたてたりすることもあるものです。


様々な揉め事は、早くパパッと乗り越えたいですよね。話し合ってどんどん険悪になって、別れに発展するのは避けたいところ……。


余裕のある大人女子は、一歩下がる事を知っています。時には彼の発言を受け流し、相手に譲ってあげることができると、その後の彼の印象が変わって来るのです。


3、お互いに頑張らなくていい関係を構築


「彼女と一緒の休日を家で過ごしても、文句ひとつ言わない彼女。コーヒーを淹れてくれて、二人でゆっくりと過ごせる時間こそ究極の癒しだと思う」(30代/メーカー勤務)


「デートで気合が入った服装をされると、結構なプレッシャーを感じる。行く場所も限られる気がして、アウトドア系のお出掛けは合わないよね」 (30代/アパレル勤務)


余裕のある大人女子は、頑張りすぎません。無理が続けばゆくゆくは自分の首をしめることになるからです。


彼の身の周りの世話を焼いたり、彼好みのファッションに変えるなどはせず、お互いが心地良くいられる環境を構築します。


一緒にいて、楽しく、ゆったりと過ごせる関係に、彼が癒されないはずがありません。頑張らない女子は、イライラする事もないし、物腰も柔らかい。


男子にずっと側にいて欲しいと感じさせるのです。


おわりに


「大人の余裕を感じさせる」3つのポイントを紹介しましたが、彼氏も彼女も大切にしたいことですよね。


男子っていくつになっても少年のようなところがあるものですが、大人の余裕を二人が意識することで、お互いにとって心地よい関係が築けるもの。


実例を参考に、取り入れてみてください。


(コンテンツハートKIE)


(愛カツ編集部)



カテゴリ