宍戸開×中林大樹のぶっちゃけ!「ストロベリーナイト」の裏側、全部話します!②

宍戸開×中林大樹のぶっちゃけ!「ストロベリーナイト」の裏側、全部話します!②

毎週(木)22時~『ストロベリーナイト・サーガ』




対談は、撮影の合間に湾岸スタジオにて行われた
左から)中林大樹、宍戸開


二階堂ふみ演じる姫川玲子率いる“姫川班”のメンバーで、玲子や菊田(亀梨和也)のサポート役でもある石倉保と湯田康平。玲子が絶大な信頼を寄せるベテラン刑事でありながら、軽妙洒脱でどこか楽し気な雰囲気も漂う。そんな気になるふたりを演じる宍戸開、中林大樹に、役柄のこと、現場でのエピソードなどを聞いた。今だから話せる、裏側も明かしたスペシャル対談を、爆笑たっぷりの動画と共に今回は後編をお届けする!


宍戸開×中林大樹スペシャル対談<後編>





中林「ロケバスで待機していた時に、一気にチームが出来上がりましたね」宍戸「修学旅行みたいな“男子校トーク”」


宍戸:中林くん、今だから話せる1話の裏話って何かある?

中林:姫川主任(二階堂)が「池に遺体が沈んでいる」と言ってダイバーが捜索するシーンがありまして。雨の中、僕らはそれを見守るというシーンですけど、あれが、クランクインなんですよね。姫川班は団結していなければいけないのに「初日で大丈夫かな」と不安もあった中、雨がどしゃ降りになったおかげで、みんなが同じロケバスで待機することになって。そこで一気にチームが出来上がりましたよね。

宍戸:そう。特に男子チームがね。主任が一人のシーンを撮っていて、待っている間にいわゆる男子校トークというか、修学旅行の夜、寝る時みたいなトークっていうの?そういう話題がどんどん出てきて、距離が縮まっていった(笑)。

中林:誰が言い出したとかではなく、ほぼ自然発生的に始まりましたよね、あのトーク。

宍戸:ん?亀梨くんだったかな?あははは!管理官(岡田浩暉)や係長(山口馬木也)もいて、「いい話してんな~」とか言いながら、笑ってたよね(笑)。そこに二階堂さんが戻ってきて、僕たちは急に「次のシーンは〇〇だっけ?」みたいな仕事モードに(笑)。でも、二階堂さんはどんな話題でも入ってくるよねー。

中林:まだ親睦会ができていないのですが、プライベートで姫川班のみんなと食事でもして、そういう話がしたい、って言ってました。別に下ネタってことじゃないですよ、バカな話、ってことです(笑)。日々、膨大なセリフに追われている方なので。

宍戸:あれは大変だよね。普通、主任が言うような説明セリフは、係長とか周りの人が言うもので、主人公は結構、感情でしゃべるものだったりするけど、うちの主任はバンバンしゃべるからね。そんな状況でも、撮影の合間が3分でも5分でも空くと控室にきて、みんなの話に参加するんだから。

中林:そうそう。すごいですよね。

宍戸:その間、休憩すればいいのに、って思うんだけど、しゃべりに参加してくれるんだよね。




姫川班を率いる姫川を演じる二階堂と、中林、宍戸


宍戸「重岡(大毅)くんは、年齢よりも上の意識があるという感じがしました」


――そんな仲良しの姫川班ですから、大塚(重岡)の殉職はショックが大きかったのでは?

中林:えっ、殉職したの?

宍戸:本当に~?気が付かなかった!

中林:…というイジりを、毎回、重岡くんが完璧に返してくれるんですよ。「死んだの知らんのか!台本読んでへんのか」って(笑)。本当に面白いんですよ。殉職した後、前室に大塚の写真を遺影のように貼って、そこにみんなでお菓子を供えています。愛されキャラですね。

宍戸:お芝居の経験もそんなにあるわけじゃないのに、そう見えないんだよね。中林くんは、前室や支度部屋でワイワイする人だけど、重岡くんは、それを現場に入ってもやるんですよ。「お前、そんな余裕あるのか?」って思うけど、これができる人で。年齢よりも上の意識があるという感じがしました。

中林:殉職する時に、這って建物の外まで出るところの顔がめちゃくちゃよくて。制作発表の前日に完パケを見たから、本人にも伝えました。

宍戸:まあ、あのあたり、ちょっと大塚のシーンが多かったかな(笑)。ほら、俺らは結構カットされたシーンもあるのに~

中林:グチが多い!(笑)


「手です!」宍戸、亀梨に叱られる!?


宍戸:エンディングの前でも、僕らのシーンはポーンと飛ばされちゃってるですけど…。エンディングになると、哀愁漂う、メロディアスでカッコいい(亀梨が歌う)「Rain」という曲が流れてきて…もう覚えましたよ。その歌詞の最後に「手の中」というフレーズがあって、それが「毛の中」って聞こえたんです。で、亀梨くんに「あそこ、毛って歌ってるの?」と聞いたら、「毛じゃないですよ、手です」ってちょっと怒られました(笑)。

中林:はぁ?何の話なんですか!?(笑)

宍戸:いや、あの曲が見事にマッチしていたなっていうね

――では、最後に、2話以降の見どころとメッセージをお願いします!

宍戸:2話が結構複雑というか、台本を読んでいても、「あれ、あの人の名前なんだっけ?」とか、「この人、どこに行って何をしたんだっけ?」と分からなくなることがあるので、1分1秒画面から目を離すことなく、見続けてください。

中林:2話、3話ですか?

宍戸:特に2話、3話ですね。ですから、お手洗いはお済ませの上、テレビの前にお座りください。

中林:何かしながらでは、ちょっと理解できないかもしれないので。

宍戸:そうですね。2話は(姫川玲子シリーズ第2作の)『ソウルケイジ』ですね。

中林:いいですね。あと、僕は4話が今までで一番好きで、もう何度台本を読んでもジーンときました。

宍戸:あ、まだ言っちゃダメだよ。

中林:言いません!でもジーンときました。

宍戸: そうね。人の心を揺さぶるよね。

中林:今、撮影中なんですけど、これがいい話なんです。ぜひお楽しみに!みなさん、ぜひ姫川班を追いかけてご覧ください。

宍戸:姫川班を追いかけていただいて、視聴者の方に逆に僕らのキャラ付けをしてもらえたらうれしいよね。

中林:「こんな“たもっつぁん”が見たい」とかリクエストも。

宍戸:“串焼き食ってるたもっつぁん”、“ステーキ食ってるたもっつぁん”とかね。康平には、“過去に合コンをしていたモテ男”という裏設定があるから、聞き込みに行ったと思ったら喫茶店で女の子と話しをしていたり、とかね。それを保が、「あの人、誰なの?」なんて聞くと、「ああ、田舎から出てきた妹です」なんて言うの(笑)。

中林:そんなキャラ設定だったら面白いですよね。

宍戸:で、別の日に、またその女の子と一緒なのを目撃して聞いたら、今度は「あの子、双子なんです」っていうの(笑)。面白くない?たもっつぁんは、子持ち、家族がいるという設定なので、そういうのをちょこっと入れてもらえたらいいよね。ぜひお願いします!そういうのがあると、我々はますます弾んじゃいます!(笑)

中林:あははは!ぜひよろしくお願いします!





番組概要


木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』


<放送日時>


毎週(木)22時~22時54分


<出演者>


二階堂ふみ
亀梨和也
 ・
葉山奨之
宍戸 開
中林大樹
重岡大毅(ジャニーズWEST)
今野浩喜
 ・
菊池桃子(特別出演)
伊武雅刀
 ・
神保悟志
山口馬木也
岡田浩暉
 ・
江口洋介

カテゴリ