「レギュラーがあるのは当たり前でない」超特急リーダーが番組リニューアルに本音

「レギュラーがあるのは当たり前でない」超特急リーダーが番組リニューアルに本音

4月29日(月・祝)23時30分~24時


4年目にして番組リニューアル決定!そもそも“トレタリ”とは?


メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急の冠バラエティ番組『超特急の撮れ高足りてますか?』(略して“トレタリ”)。2016年4月にCS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmartにて放送を開始してから丸3年経ち、4月よりいよいよシーズン4に突入。隔週月曜の夜に8号車(※超特急のファン)を湧かせてきた続けてきた“トレタリ”が、4年目にして番組内容をリニューアルすることが決定した。
超特急は、 メインダンサーのカイ(2号車)、リョウガ(3号車)、タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)、ユースケ(6号車)、バックボーカルのタカシ(7号車)からなる6人組グループ。メインダンサー&バックボーカルという史上初のグループ構成と、エンタメ性の高い斬新なパフォーマンスで人気を集めている。音楽活動のみならず、俳優業、バラエティ番組への出演、ファッション誌とのコラボ、ゲーム実況、自身のライブの総合演出まで、メンバーそれぞれが得意分野を生かしマルチに活躍している大注目のグループだ。


外国人直撃、路線バスの旅など人気企画にチャレンジ


“トレタリ”とは、超特急が“有名番組からいつオファーが来てもいいように”と、既存の人気テレビ番組の企画フォーマットを題材に、芸人出演者のナビゲートのもと、芸能人としてのスキルを学ぶ「業界リスペクトバラエティ」。
今まで放送してきた3年間には、「リーグ系クイズ」、「直撃!外国人からみ系バラエティ」、「ダンジョン系ラップバトル」の他、モノボケやサイレントギャグに挑戦する「モネア系ネタバトル」、女装姿となったメンバーが100円と高額商品の目利きに挑む「ざっくり100円ショップ」、時刻表を片手に都内を自由気ままに巡る「超!路線バスの旅」などにチャレンジしてきた。まさに、テレビバラエティ的な“おいしいところ”=「撮れ高」を生み出せるように意識しながら、番組内での様々な企画にメンバー全員で挑戦してきたといえる。


ドキュメントバラエティーへリニューアル!第一弾の催眠術で“撮れ高”はいかに




「走れ!!!!超特急」(2013年リリース)の振り付けを彷彿とさせる新ビジュアルに


4月29日(月)に始まる新シリーズは、【限られた収録時間の中で】これまで学んだ芸能スキルでより多くの“撮れ高”をゲットして、番組を成立させるかにチャレンジするドキュメントバラエティーとなる。

第一弾は「催眠術で撮れ高足りてますか?」「お宅訪問で撮れ高足りてますか?」をテーマにしたもの。催眠術では、プロ催眠術師・十文字幻斎先生をゲストに招きメンバーは様々な催眠術にかけられた。かかりやすいメンバーはどんどん深い催眠に入っていき、憧れの人の幻想を見たり、椅子が好きすぎて取り合ったりする事態が発生。さらに、最終的に簡単な催眠術までマスターしてしまうメンバーが登場するというが、超特急のメンバーで“神秘担当”の2号車・カイは催眠術をマスターしたのか?
人間の深層心理に足を踏み入れたメンバーの“撮れ高”はいかにー。





人見知りもグイグイと…「レギュラー番組としてあるのが当たり前ではない」


<リョウガ(リーダー)コメント>


番組がリニューアルということで改めて『トレタリ』がレギュラー番組としてあるのが当たり前だと思っちゃいけないんだなと思いました。個人的には、これまでシーズン3までロケでいろいろな方と接する時に、昔に比べてだいぶマシにはなったのですが、人見知りというかコミュ障が出てしまい、一気に自分の影を消してしまうということをついやってしまうので、シーズン4はこれまで会ったことのない方にもリーダーとしてグイグイと接していきたいです!




ライブ収録時に撮影されたカットでは、4号車・タクヤがプロデュースし、昨年のアリーナツアー「BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH」で披露されたモノトーン衣装に身を包むメンバーの姿が!


番組概要


『超特急の撮れ高足りてますか?』 


<放送日時>


4月29日(月・祝)23時30分~24時(以降、隔週月曜同時間放送予定)
放送/配信:フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart


<出演者>


超特急

カイ(2号車)
リョウガ(3号車)
タクヤ(4号車)
ユーキ(5号車)
ユースケ(6号車)
タカシ(7号車)

カテゴリ