瀧本美織「原作を読んだ時、後味悪かった」イケメン4人とドロドロのサスペンス

瀧本美織「原作を読んだ時、後味悪かった」イケメン4人とドロドロのサスペンス

6月1日(土)スタート毎週土曜23時40分~『仮面同窓会』




左から)木村了、瀧本美織、溝端淳平、佐野岳、廣瀬智紀


現代を象徴する“クライムサスペンス”


近頃、悪ふざけなどの“不適切動画”を動画投稿サイトに乗せることが社会問題になっているが、本人たちは“遊び”“ほんの出来心”でやったつもりでも、取返しのつかない大問題となり社会的な制裁を受けることも。

6月1日(土)スタートのオトナの土ドラ『仮面同窓会』で描かれるのも、そんな“悪ノリ”がとんでもない事件に発展し、友人関係だけではなく、当事者たちの生活をも脅かすことになる、現代を象徴する“クライムサスペンス”だ。

原作は、ユースケ・サンタマリア主演で話題となったオトナの土ドラ『火の粉』、木村拓哉主演の映画「検察側の罪人」でも知られる、現代ミステリーの名手・雫井脩介の同名小説。小さな綻(ほころ)びが雪だるま式に大きくなっていく様を、幾重にも張り巡らされた伏線、想定外のトラップ、登場人物たちの交錯する思いとともに、スリリングに描いていく。


雫井脩介も「過剰な企みが詰まった作品」と手応え


雫井自身も「『火の粉』以上に挑戦的な企画。過剰な企みが詰まった作品」とコメントしているように、オトナの土ドラらしい、濃厚で“ドキドキ必至”のドラマが繰り広げられる。先日、その主人公・新谷洋輔を溝端淳平が演じることが発表されたが、今回、洋輔が久しぶりに再会する高校の同級生で、憧れの人だった竹中美郷に瀧本美織が扮することが決定した。

高校卒業後、会うことがなかった洋輔と美郷だが、ストーカーに追われた美郷を偶然、洋輔が助けたことから距離が縮まる。そんな時、高校の同窓会が開かれることを聞き、参加した洋輔。そこで、希一(佐野岳)、和康(木村了)、八真人(廣瀬智紀)と再会、一瞬で昔に返ったような気分になり盛り上がる。やがて、話は高校時代に体罰を下された体育教師に仕返しをしよう、ということに。後日集合した4人は教師を拉致してこらしめる。“ほんのイタズラ”のつもりだった。ところが、翌日、教師は遺体となって発見され…。

信じられない事態に4人は驚愕。誰が教師を殺したのか、全員が否定するものの、秘密は4人しか知らないはずだ。嘘をついているのは誰なのか?互いが互いを疑い、疑心暗鬼に陥っていく――。そんな中、美郷にも暗い影が見えはじめる。





<瀧本美織コメント>





私が演じる竹中美郷は、過去の経験を引きずりながら今も生きている、とても後悔がある人だと思います。原作を読んだ時は、後味悪く、実際演じる時はどうなるんだろうと思いましたが、台本を読んでみて美郷はどこかで希望の光を探しているのかもしれないと感じました。美郷役は私にとって初めての挑戦になるような気がしていますので、そんな中、美郷の希望を見つけながら演じたいと思います。

主演の溝端淳平さんとは、以前共演させてもらいましたので(2015年NHKドラマ10『わたしをみつけて』)たくさんお話してくださいます。座長としてとても現場を盛り上げてくださる方なので、刺激し合いながらお芝居を作っていけるのではないかと思います。

誰が嘘をついて、誰と誰が繋がって、嘘か、本当か、謎が多い作品なのでそれぞれの関係性を読み取るのもこのドラマの面白さだと思います。この独特のスリルとサスペンスを楽しんでいただければと思います。


番組情報


オトナの土ドラ『仮面同窓会』


<放送日時>


6月1日(土)23時40分~24時35分


<出演者>


溝端淳平
瀧本美織
佐野 岳
木村 了
廣瀬智紀

雛形あきこ
永井 大
渡辺裕之

ほか 


<原作>


雫井脩介「仮面同窓会」(幻冬舎文庫)

カテゴリ