死体なき殺人 謎を呼ぶ真実の連鎖

死体なき殺人 謎を呼ぶ真実の連鎖

『ストロベリーナイト・サーガ』4月18日放送第2話


第二話完全版





ここのところ事件もなく平和な日々の捜査一課。しかし、姫川玲子(二階堂ふみ)はそれが不満なのかイライラと動き回り、仕事を求めていた。菊田和男(亀梨和也)や湯田康平(中林大樹)は不謹慎だと諌めるが、姫川は彼らの言葉が耳に入らない様子で、石倉保(宍戸開)に今朝発生した事案を尋ねる。姫川はこれが大きな事件に発展すると読んでいた。そんな時、橋爪俊介管理官(岡田浩暉)と今泉春男係長(山口馬木也)が特別捜査本部を立てると来た。姫川の勘は的中した。
捜査本部が立てられたのは蒲田西署。亀有北署から異動になったと井岡博満(今野浩喜)もいた。井岡は蒲田西署の葉山則之(葉山奨之)を姫川たちに紹介する。会議が始まると今泉が今朝の事案を説明。多摩川土手の路上に放置されたスクーターの荷台から、成人男性の左手首が発見される。三島耕介(堀井新太)の証言と指紋から、手首は高岡賢一(寺脇康文)のものと判明。高岡は工務店を経営していて、耕介は従業員。耕介が出勤すると工務店のガレージの床が血の海になっていたため、高岡を探していたのだ。
早速、姫川が体などは川に遺棄されたのだろうと発言しだすと遮るものが現れる。日下守(神保悟志)だ。予断は捜査の妨げになると言う日下に姫川は反論しようとするが、橋爪に止められる。





姫川班と蒲田西署の刑事たちは、手首が発見された土手付近を聞き込み捜査。姫川は井岡とテント生活者の聞き込みに行く。テントの中には具合が悪そうな男がいたが、有力な情報は得られない。ただ、姫川は男の「俺なんかに、何が言える」という言葉が気にかかった。その夜の捜査会議で、姫川班の聞き込みに前川博という男の名が出ていないことを日下が指摘。前川は早朝に土手をウォーキングしていた人物で事件とは無関係だが、姫川班が詳細な聞き込みを行なっていないことを日下は取り上げたのだ。日下は耕介の事情聴取は自分が行い、姫川には耕介の恋人、中川美智子(山谷花純)を担当させることを提案。今泉は了承する。会議を終えた姫川が耕介の聴取を日下に取られてしまったことを悔やんでいると勝俣健作(江口洋介)が現れた。勝俣は、反社会組織、田嶋組関係の殺害事件捜査で蒲田西署に来たと言う。
日下は耕介の聴取を始める。耕介は高岡が人に恨まれるような人間ではないと話す。そして、耕介は幼い時に父親が建設中のマンションで仕事中に転落死したこと。その時、同じ現場にいた高岡がその後の面倒を見てくれて、工務店にも入れてくれたと証言した。その頃、姫川は美智子を聴取。そこで、耕介との過去の関連が浮かび上がる。





その日の捜査会議で、日下は耕介の父、三島忠治(池下重大)が鴨下総業株式会社に勤務していた時に足場板を踏み外して転落死したことを報告。忠治は多額の借金を抱えていたため、保険金目当ての自殺ではないかと疑われたが、結論は転落事故とされていた。すると、玲子が挙手。実は、美智子の父、中川信郎も鴨下総業に勤めていて、二ヶ月前に転落死していたのだ。耕介と美智子の父親の共通点だ。一方、高岡も5年ほど前まで坂林建設に勤務していた。坂林では鴨下総業の人間を使用することも多く、繋がりがある。橋爪管理官は、耕介と美智子が共謀して高岡殺害に至ったのではないかと読むのだが、日下が予断は禁物と発言し、裏どりは継続される。捜査会議後、姫川班は美智子の話題になった。直接聴取した姫川は、美智子がずっとおどおどしている感じで物音に過剰に反応したと言う。その言葉に、葉山は暴力被害者なのではと応じる。姫川も同じことを思っていた。だが、誰に暴行を受けていたのだろうか?





次の日、日下は鴨下総業に事情を聞きに行き、保険契約を担当していたのは戸部真樹夫(波岡一喜)で、坂林建設からの出向者だとわかるが、その日は出社していなかった。菊田は高岡の保険金が、耕介と内藤君江(佐久間まち子)という女性が受取人となっていたことを姫川に報告。菊田はそのまま君江の身辺調査を始める。君江を追跡した菊田は、彼女が植物状態の内藤雄太(遠山幹斗)という患者を見舞っていることを突き止める。雄太は13年前に爆発事故に巻き込まれていた。連絡を受けた姫川は井岡と坂林建設へ。近くまで行くと、田嶋組の殺害事件を担当する勝俣がいた。坂林建設は田嶋組のフロント企業だったのだ。勝俣は坂林には手を出すなと姫川に告げる。悔しがる姫川に、井岡は坂林建設の仕事をする電気店へ行こうと促した。電気店の松本(世志男)は高岡と耕介の仲の良さを証言。だが、松本は耕介の父、忠治が自殺であったことを知っていた。その現場に、高岡もいたことも…。そして、3ヶ月前に美智子の父が来た時も、忠治の時と同じだろうと高岡に話しているのを耕介に聞かれてしまったと言うのだ。井岡は耕介が高岡を殺害する動機ではないかと疑う。しかし、姫川はそれでも高岡が罪滅ぼしとは言え、耕介をここまで面倒みるものだろうかと気にかかる。





その夜、姫川班は互いに調べたネタを報告。葉山と菊田は雄太について、爆発に巻き込まれて母は死亡、父の和敏が重傷だったことをあげる。和敏は、事件前は建設作業員として働いていた。もし、和敏が高岡と知り合いなら? 現在、和敏の足取りは不明となっている。
次の日、姫川は高岡の過去を洗い、菊田たちは和敏の足取りを追う。一方、日下は戸部について話したいことがあるという鴨下総業社員の矢代(安藤輪子)と会っていた。矢代は戸部が社内で女子社員に行なっていた迷惑行為を告発。レイプされて辞めた女性社員もいたとも言う。そして、矢代は高岡の殺害された日以降、戸部が出社していないと話した。姫川は、高岡の実家が坂林建設から執拗な地上げを受けていたことを知る。そして、高岡の幼なじみから、彼はサラリーマンになったはずだと聞かされる。姫川は殺害された高岡の写真を見せるのだが、本人ではないと言われてしまった。さらに、菊田は内藤和敏が死亡していたことを確認して…。


番組概要


木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』


<放送日時>


毎週(木)22時~22時54分


<出演者>


二階堂ふみ
亀梨和也
 ・
江口洋介

カテゴリ