【シリーズ東京2020】世界初の発明品!ホテルニューオータニの“ユニットバス”誕生秘話

【シリーズ東京2020】世界初の発明品!ホテルニューオータニの“ユニットバス”誕生秘話

4月19日(金)『池上彰SP 徹底解説!令和ニッポンを変える国民的三大イベント』




写真提供:TOTO


東京オリンピックまであとわずか…今こそ東京1964を振り返ってみたい。
4月19日(金)放送の『池上彰SP 徹底解説!令和ニッポンを変える国民的三大イベント』では、「令和ニッポン」を変える国民的3大イベントを池上彰が徹底解説する。中でも1964年の東京オリンピック開催直前に「ユニットバス」が世界で初めて誕生したことが明かされると、スタジオが大いに沸いた。





日本最初の超高層ビル・ホテルニューオータニはありえないスケジュールで建設!


1964年東京オリンピック開催の直前、17階建てという日本で最初の超高層ビルが建設されようとしていた。客室は1000室を超えるまさに世界に誇る巨大ホテルの完成に、日本中が注目していた。

しかし…難題が!

建設が始まったのは1963年の4月。そう、完成までたった1年5ヵ月しかなかったのだ!これは通常およそ3年かけるところの半分未満。オリンピックに向けた建設ラッシュで人手不足も重なり、かなりまずい状況だったという。そこで設計をしながら同時に工事を行うという…神業とも言える突貫工事が進められていた。しかし、その神業をもってしてもある大きな問題にぶち当たる。

<バスルーム>だ。多くの外国人を迎える東京の、それも顔となる超高層ホテルのバスルームがどうしても間に合わない。




バスルーム1つ作るのに従来は1ヵ月かかっていたが…  
写真提供:TOTO


1つ作るのに1ヵ月以上かかったバスルームを2時間で!ユニットバス発明の裏側




世界初!ホテルニューオータニに採用された「ユニットバス」


今まで日本で行われていた工法では、1つのバスルームを作るのに1ヵ月以上かかっていた。それではオリンピックは終わってしまう…。工期短縮化を求め、新しい設計案をメーカー数社に依頼したところ、そのうちの1社がある発明品を持ってきた。

東洋陶器株式会社(現TOTO)だ。63年7月に開発プロジェクトを発足した彼らは「バスユニットこをプレハブ化による工期短縮の花形」として、簡単に組み合わせるだけで浴室が完成する全く新しい発想「ユニットバス」を作り上げたのだ。1つのユニットバスができあがるまでわずか2時間という驚きの発明だった。




工場で組み立ててから搬出
写真提供:TOTO




軽量化にも成功し、運びやすく
写真提供:TOTO


特徴はこうだ。
浴槽やトイレなどの危惧や給排水管を組み込んだフレームを上下のパーツに分けてあらかじめ工場で生産し、現場で組み立てる方式に。
さらに“防水パン”というステンレス製の大きな受け皿を考案し、ユニットバス全体を受け止めるように設置し、水漏れを防止した。
工場用ヘルメットなどに使われていたFRP(繊維強化プラスチック)を浴槽だけでなく洗面カウンターにも使用、ユニットバス全体の軽量化を実現、今までは2t以上あった重量を約730kgに抑えることができたという。
そして長くユニットバスを愛してもらうために、各所に最適な材料を選ぶことで、部材ごとに室内の内側から交換可能な仕様にして、施工後のメンテナンス性にもこだわった。




写真提供:TOTO




写真提供:TOTO


こうして、1000室を超えるバスルームをわずか5ヵ月で完成させ、ホテルニューオータニは無事、オリンピック開幕1ヵ月前に完成したのだった!

番組では、この一部を記録映像と共に池上解説で学んでいく。最後に当時の映像に残されたユニットバスでのある“サービスカット”が流され、コメントを求めた池上のナイスな返しとは―。





番組概要


金曜プレミアム『池上彰SP 徹底解説!令和ニッポンを変える国民的三大イベント』


<放送>


4月19日(金)20時〜21時55分


<出演>


【解説】


池上 彰


【進行】


高島 彩


<ゲスト>


加藤諒
陣内智則
立川志らく
千秋
吉川美代子
(五十音順)

カテゴリ