ガリタさん語るCM融合ドラマ裏側①「スタッフ皆が“詐欺師”みたいになっていた」

ガリタさん語るCM融合ドラマ裏側①「スタッフ皆が“詐欺師”みたいになっていた」

4月19日(金)深夜『ザ・リアリティ・ショー~突然コマーシャルドラマ2~』





斬新な企画で賞も受賞…なのに「なぜ次が決まらない?」


この顔を覚えている人は多いだろう。そう『めちゃ×2イケてるっ!』で“ガリタさん”として親しまれ、現在はフジテレビ営業局勤務の明松功だ。

スーツ姿も板についてきた今、なぜ取材に応じているのかというと…今日深夜に放送される、ドラマ本編の中にCMを融合するという全く新しい形のドラマの第2弾『ザ・リアリティ・ショー~突然コマーシャルドラマ2~』の仕掛け人だからだ。

第1弾を知らない人のために説明すると、フジテレビが電通と企画・制作したメーンコンテンツと広告を融合させることでその魅力をさらにアップさせるという新しい広告手法のドラマ。ドラマ本編を見ていると突然「広告」=「CM部分」になだれ込むというもので、画期的な演出で、日本で最も権威のある広告賞とされるACC賞メディアクリエイティブ部門ブロンズ賞を受賞した。

賞も取って第2弾へ―まさに順風満帆に違いない!取材陣は、ご機嫌に話をしてくれるガリタさんを想像していた。しかし!




本編中の1シーン いつCMが始まるかわからない


交渉の繰り返し…キャスティングも決まらず「俺ら全員詐欺師!?」


明松「確かに他局も含めて、業界の反応が大きかったです。おおむね好評でした。“大変だったんじゃない?”とか“どうやって作るの?”という基本的な疑問から、放送のメインコンテンツと広告を分けなければいけないという放送法の問題をどうクリアしたのか?と興味を持ってもらえました」

業界内外でも好評だったという第1弾だったのだが、簡単に次へはつながらなかったという。

明松「面白がってもらうスピードは速かったんですが…」その後、スポンサーへの売り込みがなかなか難しかった。

明松「やはり、この企画ドラマの進め方が難しすぎるんです。『スポンサーが決まらないと脚本が書けない→脚本が上がらないとキャスティングが進まない→キャスティングが固まらないとスポンサーから正式OKをもらえない→スポンサーが決まらないと…』という“負のスパイラル”に陥ってしまうんです。だからスタッフは“たら・れば”を使って詐欺師みたいな交渉をするしかないんです」

明松「“今、○○さんをキャスティングしています。感触は悪くないです”
“もしA社さんがOKしてくれたら、こんな面白い脚本ご用意します”って、笑」




ここからがCM!しかしドラマの本編は続いているので見逃すことができない仕掛けに








そしてついにキャスティングが決まると、人気の俳優ばかりがそろった。いざ撮影がスタートすると…

「全員めちゃくちゃうまくて!!!びっくりしました」と感激したという明松。インタビュー後編では、第2弾で新たにチャレンジするTwitterでの突っ込みへ、撮影現場の様子、そして明松自身が出演するのかどうか、また自身がテレビに出ることについて意外な思いを明かした。


<ドラマあらすじ>
ハイスペック王子をめぐって、5人の女子が恋愛バトルを繰り広げる“やらせ一切なし”のリアリティーショー。1ヵ月かけて行うはずの収録直前、事件は起こる…。多額の番組予算を管理していたアシスタントプロデューサーが、その大半を持って消えてしまったのだ。監督とプロデューサーは「2日で1ヵ月分を撮影する」、つまり“やらせ”で撮りきると決断。果たして、こんな番組は成立するのか!? そして、参加者達は幸せをつかめるのか!?





番組情報


『ザ・リアリティ・ショー~突然コマーシャルドラマ2~』


<放送日時>


4月19日(金)深夜24時55分~25時55分
※放送直後より、フジテレビ動画配信サービス「FOD」にて2週間無料見逃し配信


<出演者>


柳ゆり菜
大後寿々花
おのののか
小池美由
紺野ぶるま
芹澤興人
土佐和成
JP

中山麻聖
渋谷謙人


<ストーリーテラー>


滝藤賢一

カテゴリ