桐山照史の隠れた才能が!?“こま”で「1000年に1人の逸材」と絶賛される 

桐山照史の隠れた才能が!?“こま”で「1000年に1人の逸材」と絶賛される 

4月27日(土)21時~『ホンキで弟子入り!免許皆伝』




桐山照史(ジャニーズWEST)


独楽(こま)で隠れた才能を発揮…桐山照史が見せた技とは


エジプトでは紀元前1500年頃のものが発見されるなど、長い歴史を持つ独楽(こま)。日本でも古くから親しまれていて、見る人を魅了するさまざまな技が生み出され、その技は現在まで受け継がれている。師匠から弟子に奥義が伝授され、現在まで脈々と受け継がれている超人的な「技」の数々…。そんな技にアイドルと芸人が挑んだらどうなるのか?

このたびジャニーズWESTの桐山照史と霜降り明星のせいやが独楽の師範に弟子入りし、本気で奥義の習得に挑戦することになった。


毎日200回の練習、取り乱すことも…粗品「M-1のネタをバチバチ仕上げた時の表情」で挑む




左から)こまのたけちゃん、せいや、霜降り明星の粗品


独楽の師範は、「全日本こま技選手権」4連覇の“こまのたけちゃん”だ。桐山とせいやへの初伝認定の条件は…

1.30センチ幅の的に独楽を投げ入れて回す“的入れ”
2.回した独楽にヒモをかけて引っ張り上げ、手に乗せる“ヒモ掛け手乗せ”
3.宙に投げた独楽を、ヒモを引っ張る力で手に乗せる“つばめ返し”

の3つの技を習得すること。

先に挑戦をスタートしたのはせいや。ほとんど独楽になじみがなく、ヒモすら巻くことができないため、まず独楽の投げ方から教わることに。初歩の初歩からのスタートに“初伝の技”など到底できそうにない空気が漂うも、そこから1ヵ月間、多忙を極める中毎日200回も独楽を投げ続けた。最初は、まったくできずにカメラの前で取り乱すこともあったが、徐々に上達。必死に努力を続けるせいやは、相方の粗品も「M-1のネタをバチバチに仕上げていた時の表情。こんなせいやの顔は久しぶり見ました」と言うほど真剣そのものだった。

一方、桐山は、せいやから2週間遅れてスタートする。ただでさえ初伝の試験まで日数が限られている中、昔、触った以来手にした独楽だったが、なんと師匠から「1000年に1人!」と言わしめるセンスを見せることに!

そして、初伝認定の試験当日を迎えた2人。実はせいやは、桐山も挑戦していることを知らされておらず対面すると驚きを隠せない。しかし独楽の難しさ、楽しさを知っている2人の心はすぐにつながり、せいやは「2人で(初伝をクリアした後の)同じ景色を見たい!」、桐山は「努力は裏切らない、ということを見せたい!」と意気込む。想像以上の緊張が漂う中、手汗が止まらない2人。ついに、技の披露が始まり…。


A.B.C-Zの塚田僚一は“真剣”で居合いに挑む


この模様は、伝統の「技」の師範に、<その道の才能があるのでは?>と番組から選ばれし芸能人たちが弟子入りをし、本気で奥義の習得に挑戦をするドキュメントバラエティー『ホンキで弟子入り!免許皆伝』で放送される。このたび南原清隆と永島優美アナウンサーとともに桐山もMCを務める。

番組では、独楽の他にも、A.B.C-Zの塚田僚一が「居合い」、藤田朋子が「薩摩切子」、元競泳日本代表の松田丈志が「スピアフィッシング」と、それぞれが免許皆伝を目指して挑む。

塚田は、真剣でロウソクの火を消せるか、どれだけ畳表を速く斬れるか、といった前回挑戦した免許皆伝よりも実践的な居合いに挑戦。塚田は一心不乱に真剣を振るも、難易度は前回よりもあまりに高く…。そんな塚田の免許皆伝の試験は、MCとゲストの前で行われることに。師範立ち会いのもと、塚田はぶっつけ本番で技を披露する。

藤田は、番組初の歴史ある芸術作品に挑むことに。明治初頭に一度技術が途絶えてしまった薩摩切子は、美しく繊細な紋様が特徴で、習得するのに平均2年はかかるという伝統工芸。それを短期間で習得しようと挑む藤田は、時に13時間もぶっ続けで作り続けるという集中力を見せ、師匠も心配するほど。

松田は、素潜りで海中を泳ぎ、水中銃で魚を仕留める漁法であるスピアフィッシングの免許皆伝のためサイパンのチャモロ族を訪ねる。大物を取るためにはどれだけ深く長く潜れるかが重要で、潜水中に気絶することもしばしばあるという。さすがの松田も大苦戦で…。

筋書き一切なしのドキュメントバラエティーの新しい形が見られるかもしれない。





番組概要


土曜プレミアム『ホンキで弟子入り!免許皆伝』


<放送日時>


4月27日(土)21時~23時10分


<出演者>


【MC】
南原清隆
桐山照史(ジャニーズWEST)
永島優美(フジテレビアナウンサー)

【免許皆伝挑戦者】
霜降り明星
塚田僚一(A.B.C-Z)
藤田朋子
松田丈志 

(※五十音順)

カテゴリ