瀬戸内海を眺めながらハワイ気分に浸れる限定レストランOPEN

瀬戸内海を眺めながらハワイ気分に浸れる限定レストランOPEN



2019年夏に開業25周年を迎える「グランドプリンスホテル広島」が、4月26日(金)~9月1日(日)の期間、金土日祝限定で、“HAWAIIAN RESORT”をコンセプトとした期間限定特別レストラン「シーサイドテラス」を屋外テラスにてオープンする。



「シーサイドテラス」で食べられるのは、ハワイの定番メニュー「1ポンドステーキ」6000円(税・サ料込)や「オマール海老のグリル」5000円(税・サ料込)など、ホテルにいながらハワイを感じられるホテルオリジナルメニューを提供。



「パパイヤボード」1500円(税・サ料込)は、半分にカットしたパパイヤの上にアイスクリームやフルーツをデコレーション。見た目も楽しい“映える”スイーツだ。



パイナップルを丸々1個使用した「シャンパンバケーション」4000円(税・サ料込)は、リゾート気分に浸れるフルーツシャンパンカクテル。



その他、フレッシュパイナップルといちご風味の「南国ハワイアンスムージー」1000円(税・サ料込)や、目の前に広がる瀬戸内海をイメージした「ソルティー・ブルー」1000円(税・サ料込)など、ノンアルコールドリンクも充実している。

爽やかな風を感じるガーデンテラスで、ハワイアンリゾート気分を満喫してみては?

■「グランドプリンスホテル広島」
住所:広島市南区元宇品町23-1
カテゴリ