「別れた彼」とズルズルしないための心得4つ

「別れた彼」とズルズルしないための心得4つ

別れたあとも元カレのことをいつまでも引きずってしまうと、ズルズルとした関係を続けることになりがち。


それではなかなか前に進めませんし、都合良く扱われたりする危険性だってあるでしょう。


そこで今回は、「別れた彼」とズルズルしないための心得を紹介します。



「SNS」に左右されない


最近は、誰もがなにかしらのSNSをやっていたりするので、別れた彼氏とSNS上でつながっているなんてこともよくあるのかも。


別に絶対につながっていてはいけないわけではないですが、あまりにもそこに左右されてしまうのは危険です。


どういう生活を送っているのか、誰と会っているのか、そして新しい恋人ができたのかどうか。


そんなことばかりを気にして、毎日のように元カレのSNSをチェックしていたら、未練が大きくなっていく一方です。


サラッと軽い気持ちで見ることができないのなら、SNSのつながりは一旦解除した方がいいでしょう。


すぐに頼らない」


それなりの期間ちゃんと付き合った相手であれば、色々とわかり合えている部分も多いもの。


別れたあとに困ったことがあったら、まず誰よりも先に元カレに頼ったりアドバイスをもらったりするという女性も少なくありません。


自分の中できちんと気持ちが割り切れているのならば問題ないですが、多少の思いを残したまま相談を持ちかけることで、ズルズルとした関係から抜け出せなくなることもあるかも。


「終わりにしよう」と決意したら、彼に依存するのは最もやってはいけないことです。強い意志で断ち切るべきですよ。


思い出を美化しない


過去の思い出はどうしても美化されやすいですし、未練が残っているとその傾向はさらに強くなります。


でもそれでは、あなたの中でどんどん元カレの存在が大きくなっていき、ますます忘れられなくなっていくでしょう。


思い出を過度に美化すると、「私には彼しかいない」という思いが膨らみ、固執してしまうきかっけに。


前に進むにしても、復縁を望むにしても、それは決していい流れではないので、冷静さを失わないようにしたいものです。


流されてエッチをしない


別れた元カレといつまでもズルズル関係を続けることになる一番の原因は、エッチをしてしまうこと。


元々は付き合っていたので、エッチへのハードルもそこまでは高くないと考えてしまいがちです。


元カレに誘われるがまま、流されてエッチを許してしまうと、そのままなし崩し的に曖昧な関係になっていく危険性も大。


もし、復縁したいと思っていても、ちゃんと付き合うまではエッチはしてはいけませんし、忘れたいのであれば気軽に会わないのが得策でしょう。


おわりに


別れた彼氏のことを無理に忘れる必要はないですが、ズルズルとした関係を続けるのはあまりオススメできません。


復縁したいのなら、曖昧な態度は取らずに、それに見合った行動を取るようにしないと、その願いも叶いにくくなる一方ですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ