鈴木伸之、球速122キロで東京ドームにどよめき!人生初の始球式は「90点」

鈴木伸之、球速122キロで東京ドームにどよめき!人生初の始球式は「90点」

毎週月曜21時~『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』




人生初の始球式に臨んだ鈴木伸之


白衣を脱いでホークスのユニフォーム姿を披露





「めっちゃ気持ちよかったですね!少年野球をずっとやっていて、あそこで投げるのが夢だったので、すごくうれしかったです。始球式も人生で初めてやらせてもらって、『どこかに球がいっちゃったらどうしよう』と思っていましたけど、ある程度まとまったところにいってよかった。出来栄えは90点ですね」と笑顔で話すのは、『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』に出演中の鈴木伸之。

4月22日(月)に東京ドームで行われた「福岡ソフトバンクホークス×オリックス・バファローズ」戦の始球式に、役衣装の白衣で登場。グラウンドで白衣を脱ぐと、背番号1番のホークスのユニフォーム姿に。見事なフォームで速球を投じた。きれいな回転のボールがキャッチャーミットに吸い込まれると、観客からどよめきと大きな拍手が送られた。


めったにない機会なので楽しんでやらせてもらった


実は、小学1年から中学2年まで野球をやっていたという鈴木は、「緊張していますが、とても楽しみです。貴重な試合前の時間をお借りして、精一杯投げられたら」と、人生初の始球式に意気込んでいた。実際、「すごく緊張したが、めったにない機会なので楽しんでやらせてもらいました」と振り返った。




見事なピッチングを披露し、キャッチャーと挨拶を交わした


事前に、別日で4時間ほどの練習を積んだうえで、今日の本番に臨んだという。球場に入ってからは、内川(聖一)選手らから、ボールの握り方など細かいアドバイスも受けたそうで、球場がどよめく球速122キロをマーク。「練習で115キロがマックスだったので、7キロ更新しましたね。次回やらせてもらう時は、また7キロ更新したいと思います(笑)」と自信をみなぎらせた。





この日は、ホークスを応援する女性ファン向けの特別イベントとして「タカガールデーinTOKYO」が行われており、女性入場者全員にピンクの「タカガールユニフォーム」を配布。球場がピンク一色に染まる中、鈴木がマウンドに上がると、一転して“黄色い”声援が沸き起こった。




始球式後、取材に応じる鈴木


“ラジハ”3話は唯織と辻村のライバル関係が具体的に





また、現在出演中のドラマ『ラジエーションハウス』では、将来有望な整形外科医・辻村をさわやかに熱演中。窪田正孝演じる唯織が恋焦がれる本田翼演じる杏との関係も気になるところだが…。本日放送の3話の見どころを聞くと、「1、2話で匂わせていたものが、具体的になってきます。そこで巻き起こる唯織と辻村のライバル関係と、それがどう展開していくのか、3話で少しずつ描かれていくことになるので、楽しみに見ていただけたらな、と思います」と語った。


番組概要


『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』


<放送日時>


毎週月曜21時~21時54分


<出演者>


窪田正孝
本田 翼

広瀬アリス
浜野謙太
丸山智己
矢野聖人

山口紗弥加
  ・
遠藤憲一

鈴木伸之
浅野和之
  ・
和久井映見

カテゴリ