越後湯沢に上質な湯・食・癒しを愉しむ大人の湯宿が誕生

越後湯沢に上質な湯・食・癒しを愉しむ大人の湯宿が誕生


川端康成の小説「雪国」の舞台となった越後湯沢の地に、「越後湯沢温泉 湯けむりの宿 雪の花」が4月27日(土)、グランドオープンする。


客室は、和のぬくもりが織りなす趣と寛ぎある空間にしつらえ、上層階の客室には天然温泉を愉しめる檜風呂を完備。


どこか懐かしく、そして新しく、趣向を凝らした客室はゆったりとした時間を過ごすことができる。


夕食は越後の粋を集めた旬を愉しむ会席料理を、朝食には大きなかまどで炊きあげた魚沼産こしひかりを堪能できる和定食を提供。越後の豊富な地酒が味わえる「利き酒処」や、夜鳴きそばなどのサービスも充実している。


最上階の大浴場では、大自然の山々や四季折々の景色を愛でながら湯浴みを満喫できる。檜・岩・陶器の趣異なる3種類の貸切露天風呂は、無料で何度でも利用可能だ。


さらに、白瀧酒造の醸造技術などを活かした「上善如水 MISHU (ミシュ)」シリーズのヘアシャンプー・ヘアコンディショナー・ボディーソープも用意されている。

宿泊料金は平日2名1室、1泊2食付で、1名1万7000円(税別・入湯税別途150円)となっている。

上質な湯・食・癒しを愉しめる大人の湯宿「越後湯沢温泉 湯けむりの宿 雪の花」で、しばし日常を忘れる時間を過ごしてみてはいかが。

■「越後湯沢温泉 湯けむりの宿 雪の花」
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢317-1
カテゴリ