仲間が乳がんの危機?“異常なし”から患者の病を再び発見…画像が導く真実とは

仲間が乳がんの危機?“異常なし”から患者の病を再び発見…画像が導く真実とは

4月22日(月)21時~『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話





ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第3話完全版


唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院の放射線科入局説明会で挨拶をする杏(本田翼)の姿を見に行く。会場はガラガラだったが、それでも堂々と話す杏に見とれる唯織。しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを知ると、大きなショックを受けてしまう。





同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、マンモグラフィ検査に苦戦していた。そこに、結婚を控えた『女性論壇』の編集者・葉山今日子(内山理名)がやってくる。今日子は、母と祖母ががんに罹患していることから毎年検査を受けていた。不安そうな今日子を和ませようと話しかける裕乃。だが、それを聞いていたたまき(山口紗弥加)に「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまう。

今日子は、日本人に多いデンスブレスト――乳腺密度が濃い女性だった。読影した杏は、鏑木(浅野和之)に相談したものの、病変が見つからないことから『異常なし』との診断結果を下す。





一方たまきは、友人から相談されたと言って、杏に1枚のマンモ画像を見せる。杏は、右胸にある腫瘤が悪性の可能性を否定できない、として再検査をした方が良い、とたまきに伝える。

そんな中、唯織は、今日子のマンモ画像に目を止める。何かに気づいた唯織は、病院を出た今日子の後を追いかけ、なるべく早く超音波検査を受けてほしい、と伝える。唯織は、杏にも今日子の超音波検査をやらせてほしい、と訴えた。しかし杏は、デンスブレストは病気ではないのだから、病院のルールに従うよう命じる。それでも唯織は、アメリカの多くの地域でデンスブレストについての告知が義務付けられている、患者は本当のことを知りたいはずだ、と食い下がった。それに対して杏は、デンスブレストの患者たちが皆再検査に訪れたら、早急に検査が必要な乳がん患者を先送りにしてしまう危険性もある、と返す。





今日子は、年下の婚約者・平田公太(松下洸平)に、検査の結果を報告した。喜んだ公太は、今日子が『憧れのウェディング特集』で紹介した、雪景色の中で白いユキウサギを見つけられたカップルには幸せが訪れるという言い伝えがある、北海道の雪の教会で結婚式を挙げようと盛り上がる。

その夜、たまきは、裕乃に声をかけ、自ら被検者となってマンモグラフィ検査の練習をさせる。するとたまきは、その画像をこっそり保存して持ち帰ってしまう。

たまきの画像が削除されていることに不審を抱いた裕乃は、懸命に復元作業をする。復元されたその画像に、2センチほどの腫瘤を見つけた裕乃は、たまきの画像だとは言わずに小野寺(遠藤憲一)に見せた。すると小野寺も、すぐに超音波検査をした方が良さそうだと答え……。





別の日、唯織のもとに今日子が訪ねてくる。今日子は、自分なりにデンスブレストについて調べ、異常なしと診断されたことに対する不満を唯織にぶつけた。ふたりの様子を遠巻きに見ている杏。唯織は、改めて超音波検査をさせてほしいと今日子に頼んだ。

唯織は、今日子の超音波検査を始める。一方、裕乃が撮った画像を見つめていたまきは、不意に小野寺から「誰の画像だ?」と声をかけられる。たまきは、友だちの画像だと嘘をついた。すると小野寺は、その友だちにいますぐ超音波検査を受けろと言っておけ、と告げ……。





超音波検査の結果、今日子には異常はみられなかった。乳腺外科の医師・谷山(小松和重)は、唯織の勝手な行動を問題視し、小野寺にクレームを入れる。にもかかわらず、唯織は、造影剤を使った乳房MRI検査をやらせてほしい、と主張する。今日子のエコー画像にあったわずかな低エコー域が気になったのだ。谷山は当然反対した。すると杏も、検査をさせてほしいと頭を下げ……。





唯織は、今日子のMRI検査を始める。同じころ、裕乃も、もう一度練習に付き合ってほしい、と訴え、たまきの超音波検査を始めていた。

今日子の検査を続けた唯織は、乳腺の中に隠れていた、クモの巣状の非浸潤性乳がんを見つける。一方、裕乃は、小野寺からアドバイスを受けながら検査を続け、たまきの胸にあったのは良性の腫瘍であることを知る。

今日子は、谷山から右胸の全摘出手術を勧められる。がん自体は大きくても転移がないことから、全摘出すれば命に別状はない、との説明を受ける今日子。杏は、そんな今日子に謝罪した。すると今日子は、早期に見つけてくれたことへの感謝を伝える。ただ今日子は、恋人の公太にどう伝えればいいのか、もっと素敵な女性と出会えるのに申し訳ない、とこぼす。離れた場所でその話を聞いていたたまきは、今日子の前に姿を見せ、お互いが結婚したいと思えるほど好きになれる相手に出会える確率なんて奇跡に近い、と告げる。続けてたまきは「だからどうか、その奇跡を大事にしてください。私、生きるために決断したあなたを、心から尊敬します」と告げる。





今日子は、公太に手術のことを伝える。命に別状はない、と知って安堵した公太は、彼女に寄り添いながら帰っていく。

後日、『女性論壇』に、今日子が手がけた特集記事が掲載される。そこで今日子は、デンスブレストについて詳しく説明し、マンモグラフィ検査だけでなく超音波検査を併用する必要性を解説する。

たまきは、練習1回につき10万円、という約束を持ち出し、裕乃に請求する。うなだれる裕乃。

唯織は、今日子の記事が載った『女性論壇』を杏に見せる。杏は、渚の許可を得て、デンスブレストの場合は超音波検査を推奨する、という新しいルールを打ち出していた。雑誌を受け取った杏は、「あなたには負けませんから」と唯織に告げると、去って行く。と、そこにまたもや辻村が現れた。唯織は、肩を並べて歩いていくふたりの姿にショックを受け……。





番組情報


『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』


<放送日時>


毎週(月)21時00分~21時54分


<出演者>


窪田正孝
本田 翼

広瀬アリス
浜野謙太
丸山智己
矢野聖人
山口紗弥加
  ・
遠藤憲一

鈴木伸之
浅野和之
  ・
和久井映見

カテゴリ